2003.03.30

【日本循環器学会速報】 慢性心不全治療においてβ遮断薬をもっと使用すべきか−−コントロバーシー3より

 3月29日に行われたコントロバーシー3「心不全」では、三つの今日的なテーマについて討論が繰り広げられた。そのうち、「慢性心不全治療においてβ(ベータ)遮断薬をもっと使用すべきである」では、賛成の立場から国立循環器病センターの安村良男氏が登壇、代表的な臨床試験の結果を紹介しながら、もっと積極的に使うべきと主張した。これに対し、虎の門病院の百村伸一氏は、慎重な立場からディベートを展開した。

 安村氏と百村氏の討論はまず、聴衆が参加するパワーボードによるアンケート調査で始まった。質問は、慢性心不全治療におけるβ遮断薬療法の使用方針について尋ねたが、「積極的に行う」が72%と最も高かった(n=382)。「他の治療法が有効でない場合に限る」が25%、「わからない」が3%だった。

 「もっと使うべき」派に有利な中で安村氏は、これまでの臨床試験をレビュー。まず臨床試験SOLVD を紹介し、ACE阻害薬とβ遮断薬の併用で死亡率が抑えられた結果を解説した。続いて、2001年に発表された論文(Packer M Am.J.Med 2001;110(7A):815)を提示。ACE阻害薬を単独で使用量を増やした群とACE阻害薬にβ遮断薬を追加した群を比較したところ、β遮断薬を追加した方が大幅に死亡のリスクを下げることができた(単独では−8%、β遮断薬追加では−30〜40%)点を強調した。このほか幾つかの論文データを紹介し、「臨床的には、ACE阻害薬あるいはA2受容体拮抗薬と併用することで、より一層の効果が発揮される」と強調した。

 「“不本意ながら”慎重の立場から」と切り出した百村氏は、はじめに次のスライドを提示した。「Okay, I agree that beta-blocker is necessary for treatment of heart failure. But・・・」。

 百村氏も代表的な臨床試験をレビューしながら、結果としてACC/AHAガイドラインや欧州の同様のガイドラインにすでにβ遮断薬療法が組み込まれている点を指摘し、β遮断薬の有用性については十分な理解を示した。ただし「その使用に当たってはガイドラインでも条件がつけられている」と繰り返し、安易な使用には注文をつけた。

 慎重にならざるを得ない理由としては、ドロップアウトが10%ほどある点や日本人のエビデンスがほとんどないこと、多くの試験で示された容量が日本人に使われる通常量より多いこと−−などを強調した。

 両者の討論は、最後に聴衆参加のパワーボードによるアンケート調査で締め括られた。質問は、冒頭で出されたものと同じで、慢性心不全治療におけるβ遮断薬療法の使用方針について尋ねた。その結果、「積極的に行う」が62%で、冒頭の72%から10ポイントも減っていた(n=360)。一方で、「他の治療法が有効でない場合に限る」は25%から36%へ増えていた。なお「わからない」は2%だった。

 今回のコントロバーシーの参加者では、積極使用派が主流であることは変わらなかった。しかし、ディベートの前後で積極使用支持から慎重支持に変更した人が少なくない点も忘れてはならないだろう。

========================================================================
「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施中
 MedWaveは日本循環器学会の開催に合わせ、「循環器治療の最新動向に関する調査」を実施しています。日進月歩の激しい領域にあって、医療現場の第一線でご活躍の医師の方々に、最近、相次いで公表された大規模臨床試験を中心に、それぞれの結果に対する評価や診療への影響などをお伺いし、「循環器治療の今」を明らかにすることを目的にしております。ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。アンケート画面はこちらhttp://webres.nikkeibp.co.jp/user/jsc2003.htmlから。
========================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員がタブレット端末を破損、弁償させられる? 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:21
  2. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:59
  3. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:18
  4. 突合点検で発見される診療情報提供料の請求ミス あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:28
  5. 心不全緩和ケアは普及期に入りました シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》 FBシェア数:142
  6. 日本医大の医師が肺結核、11人から陽性反応 接触者健診の対象となった患者や病院職員の発病者はなし FBシェア数:48
  7. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:144
  8. 冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍に リポート◎血圧の季節変動は独立した危険因子 FBシェア数:101
  9. 免疫チェックポイント阻害薬で大腸癌治療はどこまで… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  10. 当直医制とかタスクシフトって本当にできる? Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:132
医師と医学研究者におすすめの英文校正