2003.03.27

【SARS速報】 広東省で流行の異型肺炎がSARSと判明、患者総数は1323人、死亡者数は49人に

 世界保健機関(WHO)は3月26日、中国広東省の7都市で昨年11月に流行した異型肺炎は、重症急性呼吸器症候群(SARS)であるとの判断を示した。また、中国当局は2月14日時点でWHOに報告していた患者数305人、死者5人を訂正し、昨年11月16日から今年2月28日までの患者数は792人、死者31人であると報告した。広東省の件数を合わせると、現時点でWHOに報告されているSARS患者総数は1323人、死亡者数は49人となった。

 これは、先週末にWHOの専門チームが中国広東州を訪れ、異型肺炎とSARSの診断基準などについて比較し、わかったもの。

 病原体についてWHOは、コロナウイルス科である可能性が最も大きいとする一方、パラミクソウイルスや他の科のウイルスである可能性も視野に入れながら、研究を進めているとしている。また、病原は2種のウイルスで、双方に感染することで症状が重症化する可能性もあるとしている。その一方、または両方が、これまでヒトの病原として知られていなかったウイルスである可能性が大きいという。

 なお中国疾病対策センターでは、2月18日、異型肺炎患者二人の肺から摘出した標本から、クラミジアが発見されたと報告。その後WHO研究チームが調べた結果、他国のSARS患者からはクラミジアは検出されなかった。中国の患者は、SARSの病原体と共に、クラミジアにも感染していたようだとしている。

 これまでにWHOに報告された各国のSARS患者数と死亡者数は以下の通り。なお、米国の患者数は、米国疾病対策センター(CDC)による最新情報によると、26日現在で45人となっている。

 香港:死亡を含む患者数316(死亡者10、以下同)
 中国:792(31)
 シンガポール:74(1)
 ベトナム:58(4)
 米国:40(0)
 カナダ:19(3)
 台湾:6(0)
 ドイツ:4(0)
 タイ:3(0)
 英国:3(0)
 イタリア:3(0)
 スイス:2(0)
 アイルランド:2(0)
 フランス:1(0)

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  2. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  3. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 新人ナースを卒業したとき 病院珍百景
  5. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  6. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  7. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 相変わらず遅れている日本のワクチン政策 仏サノフィ・パスツールの上級副社長、デヴィッド・ロウ氏に聞く
  9. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  10. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
医師と医学研究者におすすめの英文校正