2003.03.26

【再掲】【SARS速報】 航空機内で感染の疑い、香港当局が搭乗者の調査を開始

 香港の衛生当局は3月25日、香港−北京間を飛行した往復便の機内で重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者が発生した疑いがあるとして、同じ機内に乗り合わせた旅行者に対し、SARS対応ホットライン(電話)で健康相談を受けるように呼びかけを始めた。

 呼びかけの対象になっているのは、3月15日に香港から北京に向かった中国国際航空(CA)112便と、3月19日に北京から香港に向かった中国国際航空115便。きっかけは、この両便に搭乗したツアー客から9人ものSARS感染者が発生したためだ。

 ツアーは香港の旅行代理店が企画したもので、35人が参加した。そのうち、44歳同士のカップルが3月18日に北京で発症、22日に香港の病院に収容された。報告を受けた当局がツアー参加者を確認したところ、ほかに27〜51歳の男女7人がSARSと確認された。

 最初に発症した二人は、北京行きの機内で近くの席にいた73歳の男性から感染した疑いが持たれている。この男性は3月初めに香港のプリンスオブウエールズ病院に弟を見舞った後、体調を崩していたという。

 世界保健機関(WHO)は、「これまでの状況では」という制限つきで、「航空機内で感染者と居合わせた場合に感染が起こるというエビデンスはない」「いかなる地域への渡航も制限の必要はない」と繰り返してきたが、今回の香港当局の発表は、その前提を覆すものと言える。

 これまで各国の感染報告は、病院スタッフと見舞い客、同居家族などに限られてきたが、交通機関を含む市中での感染例が発見されたことで、制御不能な感染の拡大が懸念される事態になってきた。研究チームによって病原体の特定や治療法の開発が進められているが、WHOや各国の保健当局にとっては、感染の封じ込めをより強力に推し進めることが急務になったと言ってよいだろう。

 香港衛生当局の発表はこちらまで。

■ 訂正 ■
 「中華航空(CA)」は誤りで、正しくは「中国国際航空(CA)」でした。お詫びして訂正いたします。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:488
  2. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:193
  3. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:108
  4. ディレグラ処方の査定にご注意を! セキララ告白!個別指導 FBシェア数:50
  5. 「病院を大津波が襲った日」を今改めて読む意味 記者の眼 FBシェア数:47
  6. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:24
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その2) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:6
  8. マニキュアを取ったら爪が緑色に!? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」 FBシェア数:10
  9. 高齢者の尿路感染症には速やかな抗菌薬が有効 BMJ誌から FBシェア数:63
  10. 世界初、iPS細胞による脊髄損傷の臨床研究開始 インタビュー◎iPS細胞由来の神経幹細胞移植で機能改善を目指す FBシェア数:181
医師と医学研究者におすすめの英文校正