2003.03.23

【SARS速報】 香港大学チーム、病原ウイルスの分離培養に成功と発表

 世界保健機関(WHO)によると、香港大学医学部微生物学部門の研究チームは3月22日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原ウイルスの分離・培養に成功したと発表した。併せて、信頼度の高い診断テスト開発にも大きな前進があったという。

 香港大の研究チームは、中国広東省から香港を訪れた初期感染者に接触した後に肺炎を発症した一人の患者(死亡)の肺組織からウイルスを分離した。さらに、抗体中和法に基づく基礎的な検査法を確立した。患者の血液中の抗体を検出する正確度を確かめる実験を行ったところ、8人のSARS患者の血清から安定して抗体を検出できたという。

 信頼度の高い迅速診断テストが利用できるようになれば、SARSの感染初期と見分けがつきにくい一般的な疾患で患者を収容しなくても済むようになると、WHOは期待している。

 一方、病原体の特定については、香港の別の研究チームとドイツの研究チームがほぼ同時にパラミクソウイルス科の一種ではないかとする研究発表を行い、21日にはカナダの研究チームが、同科に属するメタニューモウイルスが原因ウイルスではないかとする研究結果を公表している。

 しかしWHOは、全く別のウイルスであるという可能性も捨てきれないとして、SARSの病原体究明が完了したわけではないと、注意を喚起している。

 詳しくはWHOのDisease Outbreak Reported
へ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 5年ぶり改訂、高血圧治療ガイドラインが発表 降圧目標を下げ早期からの生活習慣改善を強調
  2. 中古機器、「美品」を買えて喜んだのも束の間… 開業の落とし穴
  3. 100床の外国人専用病院計画で露見した制度の穴 リポート◎“自由診療だけの病院”は病床規制を無視できる?
  4. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  5. 軟部陰影の異常をどう読む? 今さら聞けない画像診断のキホン
  6. “お役所仕事”な定期予防接種の特例 泣かせない小児診療ABC
  7. 「暴れる患者」に対応する方法 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
  8. どうなる?メソトレキセートの供給不足 トレンド(DIオンライン)
  9. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  10. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
医師と医学研究者におすすめの英文校正