2003.03.22

【SARS速報】 SARS感染者総数350人、うち死者10人に

 世界保健機関(WHO)は3月21日、重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染患者の総数が350人、うち死者が10人になったことを報告した。新たに、スイスで7人、イタリアとアイルランドでそれぞれ一人の患者が見つかっている。WHOはまた、17日に結成したSARS共同研究チームが、病原体と考えられるウイルスの培養に成功し、SARSの診断テスト開発に向け、重要な第一歩を踏み出したとしている。

 これまでに確認された各国のSARS患者数と死亡者数は以下の通り。

 香港:死亡を含む患者数203(死亡者6、以下同)
 ベトナム:62(2)
 シンガポール:39(0)
 米国:13(0)
 カナダ:9(2)
 スイス:7(0)
 台湾:6(0)
 タイ:4(0)
 英国:2(0)
 ドイツ:1(0)
 スロべニア:1(0)
 スペイン:1(0)
 イタリア:1(0) 
 アイルランド:1(0)

 一方SARS共同研究チームは、病原体と思われるウイルスを培養後、回復しつつあるSARS患者の血清と、同数の健康な人の血清を、培養細胞に添加した。すると、SARS患者の血清ではウイルスの成長が止まったのに対し、健康な人の血清ではウイルスに変化はなかった。WHOのウイルス学専門家であるKlaus Stohr氏は、「これは、トンネルの先に光が見えた程度のことではない。真の太陽光線だ」と、この発見を評価している。

 なお、このウイルスはパラミクソウイルスに形態が似ているものの、特定はできていない。

 WHOはまた、5人の感染症専門家を中国に派遣し、昨年11月に広東州で発症した異型肺炎の流行について、病原体の特定や、SARSにあてはまる症状の患者がいたかどうかなどについて、研究支援を行うとしている。

 詳しくは、WHOのDisease Outbreak Reportedへ。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  2. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  3. 今年の試験会場はどこ?失敗しないホテル選び 総合内科専門医試験 「一発合格」への道
  4. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  5. 「死ぬ」ということ うさコメント!
  6. 患者を突き放す言葉「そんなに痛いわけない!」 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《2》
  7. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  8. 運動は中高年から始めても遅くない BMJ誌から
  9. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
  10. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正