日経メディカルのロゴ画像

2003.03.20

緑茶はホルモン療法不応性前立腺癌に無効、第2相試験結果が発表

 観察研究や動物実験で、前立腺癌に対する予防・治療効果が示唆されている「緑茶」の、進行前立腺癌患者を対象とした第2相試験結果が発表された。緑茶濃縮エキスを1日6g、ホルモン療法に不応性となった進行前立腺癌患者42人に摂取させたが、効果が見られたのは一人だけで、しかも一時的だったという。研究結果は、Cancer誌3月15日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、米国Mayo ClinicのAminah Jatoi氏ら。ホルモン療法不応性の進行前立腺癌患者42人に、加糖緑茶濃縮エキスを1日6g、6回に分けて服用してもらった。治療効果は前立腺特異抗原(PSA)値で判定した。

 その結果、42人中一人では、1カ月後にPSA値が50%以上低下。しかし、この「PSA低下効果」は2カ月後には認められなくなった。参加者全員で平均すると、1カ月後のPSA値は43%上昇していた。また、吐き気やむくみ、不眠、下痢など、緑茶エキス服用によるとみられる有害反応は、軽度のものだけでも7割に発生。17%にはグレード3〜4の有害反応が生じていた。

 以上から研究グループは、「ホルモン療法不応性の進行前立腺癌に対する緑茶の効果は限定的」と結論。ホルモン療法が効かなくなった時の“次の一手”としては、緑茶以外の介入手段を探索すべきだとしている。

 この論文のタイトルは、「A Phase II trial of green tea in the treatment of patients with androgen independent metastatic prostate carcinoma」。アブストラクトは、こちらまで。

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.10.2 日本癌学会速報】「緑茶1日10杯」で癌再発予防、“埼玉方式”で介入試験がスタート
◆ 2002.10.21 日本癌治療学会速報】複合カロテンが肝硬変からの発癌を抑制、発癌率が無介入群のほぼ3分の1に