2003.03.19

【SARS速報】  日本国内で「疑い例」が3人発生、19日午後に厚労省が発表

 香港、ハノイなどで患者が多数発生している重症急性呼吸器症候群(SARS)の疑いがある患者がついに日本でも発生した。厚生労働省は3月19日午後、都道府県の感染症対策担当課に対して、医療機関への周知依頼として通知した。

 それによると、発生した患者は計3人で、いずれも「疑い例」(関連トピックスを参照)で、「可能性例」は発生していない。同省は、プライバシー保護を理由に詳細を公表していないが、3人のうち2人は回復しており、家族などに発症した者はいない。ほかの一人は医療機関を受診中で、症状は軽快しているという。

 厚労省では今後、対策専門委員会において判定を行い、その結果に従ってこれらの患者がSARSかどうかを確定し、世界保健機関(WHO)に報告する予定だ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 職員がタブレット端末を破損、弁償させられる? 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:21
  2. 米コレステロール管理GL、5年ぶりに改訂 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:59
  3. 地方の医学部を「自動車学校」化しないために Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:18
  4. 突合点検で発見される診療情報提供料の請求ミス あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:28
  5. 心不全緩和ケアは普及期に入りました シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《1》 FBシェア数:142
  6. 日本医大の医師が肺結核、11人から陽性反応 接触者健診の対象となった患者や病院職員の発病者はなし FBシェア数:48
  7. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:144
  8. 冬に10mmHg上がる人は心血管リスクが2倍に リポート◎血圧の季節変動は独立した危険因子 FBシェア数:101
  9. 免疫チェックポイント阻害薬で大腸癌治療はどこまで… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:29
  10. 当直医制とかタスクシフトって本当にできる? Cadettoなんでも座談会 FBシェア数:132
医師と医学研究者におすすめの英文校正