日経メディカルのロゴ画像

2003.03.18

【SARS速報】  SARS疑診患者に関する院内感染防止指針、WHOが情報提供

 WHOは3月17日(日本時間)、東南アジアを中心に流行中の重症急性呼吸器症候群(SARS)に感染した可能性がある患者のケア方法に関する指針を公表した。厚生労働省は、この指針の日本版を3月18日中にも公表する予定。以下にWHO指針の概略を示す。

 患者は以下のように隔離・収容すべきである(可能なら1、以下2、3の順)。

1.ドアを閉鎖した陰圧の部屋
2.バスルームを備えた個室
3.独立の換気が可能な収容施設群

 SARS患者のケアに当たっては基本的にディスポーザブル器具を使用する。床面などは、真菌、細菌、ウイルスに対応した消毒薬を使用する。

 患者の移動は極力避ける。移動させる場合は一般的な外科用マスクを装着させ、小滴の分散を防ぐ。患者が使用に耐えうるようであれば、N95マスクを装着させる(写真)。SARS患者の部屋に入る場合、その他、SARS患者に対して接触、飛沫、空気感染の恐れがある場合には、常にN95マスクを装着する。外科用マスクは十分ではない。

 感染防止のため、手洗いの励行が最も重要である。医療従事者は患者を扱う際には手袋、帽子、ガウンを装着すべきである。手袋は患者ごとに交換する。患者の気道分泌物に接触する恐れがある器具などに触れた場合も交換する。また、患者の血液などの飛沫を浴びる可能性がある処置の間は、必ず保護メガネまたはフェイスシールドを装着する。

 医療廃棄物に関しては標準的な感染予防措置をとるべきである。

 本ニュースはWHOが発表した「Hospital Infection Control Guidance:Care for patients with probable SARS」の概略を紹介したものです。全文の内容を含んではいませんのでご注意ください。原文はこちらでご覧になれます。