2003.03.18

【SARS速報】 WHOが国際協力体制を強化、要請に応じて中国にチーム派遣へ

 WHOは3月18日(日本時間)、重症急性呼吸器症候群(SARS)に対する国際的な対応を強化した。

 下部組織である国際伝染病警告対応ネットワークは、10カ国11研究機関の参加を得て病原体の発見を目指している。同時に各国の保健医療当局と連携して、効果的な治療法の確立を進めている。また、SARSの主な感染地域がアジアであるため、マニラにあるWHO極東オフィスで、防護用品と薬剤の供給体制の構築に取り掛かっている。

 新規の患者発生が多いハノイと香港では、WHOチームが感染の管理とともに疫学的データと臨床データの収集を試みている。他国での発生に先行して2月中旬に300人を超える患者が発生した中国でも、中国健康省からWHOに対して国際チームの支援要請があり、現在、対応チーム結成が始まっているという。

 WHOのプレスリリースは、こちらへ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:0
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:546
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:350
  4. わがままコールもほどほどに こんな私も3年目 みちよのナース道 FBシェア数:27
  5. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:44
  6. 吸入トラネキサム酸は喀血量を減らせるか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:24
  7. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:40
  8. それって、いったい誰が決めたの? カデット特集●研修病院残酷物語 FBシェア数:0
  9. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:161
  10. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:76
医師と医学研究者におすすめの英文校正