2003.03.18

【SARS速報】 WHOが国際協力体制を強化、要請に応じて中国にチーム派遣へ

 WHOは3月18日(日本時間)、重症急性呼吸器症候群(SARS)に対する国際的な対応を強化した。

 下部組織である国際伝染病警告対応ネットワークは、10カ国11研究機関の参加を得て病原体の発見を目指している。同時に各国の保健医療当局と連携して、効果的な治療法の確立を進めている。また、SARSの主な感染地域がアジアであるため、マニラにあるWHO極東オフィスで、防護用品と薬剤の供給体制の構築に取り掛かっている。

 新規の患者発生が多いハノイと香港では、WHOチームが感染の管理とともに疫学的データと臨床データの収集を試みている。他国での発生に先行して2月中旬に300人を超える患者が発生した中国でも、中国健康省からWHOに対して国際チームの支援要請があり、現在、対応チーム結成が始まっているという。

 WHOのプレスリリースは、こちらへ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:24
  2. 不眠治療で大事な「3つのP」とは 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」 FBシェア数:71
  3. 明日出合うかもしれないまれな疾患に気付くには EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:137
  4. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:159
  5. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:38
  6. 「病院病床バブル」はいつまで続くか? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  7. 解決できない問題に遭遇、あなたならどうする? シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:15
  8. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:43
  9. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:56
  10. ノーベル賞と論文の被引用数「hインデックス」 記者の眼 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正