2003.03.17

【再掲】【SARS速報】  WHO、SARSの診断基準を改定

 WHOは3月17日(日本時間、以下同)、東南アジアを中心に発症が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)の診断基準を以下のように改定した。潜伏期間が4〜7日程度と判明したことに伴う接触時期の判断と、死亡患者の剖検所見に関する診断、随伴症状の追加などが主な変更内容。

 SARSと疑われる場合:2003年2月1日以降に、以下の3条件をいずれも満たすケース。

(1)38度以上の高熱
(2)咳、呼吸の短縮、呼吸困難のうち、少なくとも1以上の症状あり
(3)発症前の10日間以内にSARSと診断された患者に「濃厚な接触(注1)」があったか、または、発症前の10日間以内にSARSの感染者発生が報告された地域(注2)を旅行した履歴がある

 SARSの可能性が高い場合:SARSと疑われる条件を満たし、かつ(1)胸部X線撮影で肺炎、または呼吸困難症候群が確認された場合、または、(2)原因不明の呼吸器疾患で死亡した患者で、剖検の結果、病理学的に呼吸困難症候群の所見を呈しており、かつ原因が不明なケース。

 SARSでは、発熱と呼吸器症状に加え、頭痛、筋肉のこわばり、食欲減退、倦怠感、錯乱、発疹、下痢などを伴うことがある。

注1) 濃厚な接触とは、SARS患者の看護をした場合、同居している場合、呼吸器分泌物や体液に直接触れたことがある場合を指す。

注2)カナダのトロントとバンクーバー、中国の香港と広東州、シンガポールの3国4地域

 なお、診断基準の原文は現在、WHOのホームページ(http://www.who.int/csr/surveillance/casedefinition/en/)でご覧になれます。

■ 訂正 ■
 「SARSであることが確実な場合」は「SARSの可能性が高い場合」と改めました。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:56
  2. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:79
  4. GPは外科をどこまで学ぶべきか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:1
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:20
  6. インフルエンザ、全国的に流行期に突入 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:13
  7. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:4
  8. こんな組織は“チームスクラップ”候補に! 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:2
  9. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:199
  10. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正