日経メディカルのロゴ画像

2003.03.17

【SARS速報】 日本政府、国際緊急援助隊・専門家チームをベトナムへ派遣

 日本政府は3月16日、原因不明のまま東南アジアを中心に集団感染が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)に関連して、ベトナム政府に対し、厚生労働省に属する医療関係者を中心に3人からなる国際緊急援助隊・専門家チームを派遣した。対処療法および感染対策に関する助言・指導を行う。派遣期間は3月25日まで。ベトナムでは、2月26日に患者が確認され入院先の病院で29人の病院職員が次々と同様の症状が現れている。

 ベトナム政府は、各国・国際機関の協力の下、病原菌特定のための検査を内外で進めている。その一方で、3月10日には、発生源である病院を閉鎖した上で患者を完全隔離し、病原菌の拡大を阻止する努力を続けている。その上で、日本政府に対し、専門家の派遣および医療用資器材供与を要請してきたという。