2003.03.17

【SARS速報】 日本政府、国際緊急援助隊・専門家チームをベトナムへ派遣

 日本政府は3月16日、原因不明のまま東南アジアを中心に集団感染が続いている重症急性呼吸器症候群(SARS)に関連して、ベトナム政府に対し、厚生労働省に属する医療関係者を中心に3人からなる国際緊急援助隊・専門家チームを派遣した。対処療法および感染対策に関する助言・指導を行う。派遣期間は3月25日まで。ベトナムでは、2月26日に患者が確認され入院先の病院で29人の病院職員が次々と同様の症状が現れている。

 ベトナム政府は、各国・国際機関の協力の下、病原菌特定のための検査を内外で進めている。その一方で、3月10日には、発生源である病院を閉鎖した上で患者を完全隔離し、病原菌の拡大を阻止する努力を続けている。その上で、日本政府に対し、専門家の派遣および医療用資器材供与を要請してきたという。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 若い勤務医との飲み会で「開業医への不満」続々 はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:122
  2. 難治性の咳嗽に慢性疼痛治療薬が効く!? 名古屋市立大学呼吸器・免疫アレルギー内科教授の新実彰男氏に聞く FBシェア数:97
  3. CPAPで鼻マスクと口鼻マスクを選ぶポイント Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:76
  4. 医局を離れ自分の信じる道を歩み始めた先輩 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:66
  5. 新薬ゾフルーザの利点と残された懸念 リポート◎日本感染症学会インフルエンザ委員会が提言 FBシェア数:229
  6. 私の特技!? こんな私も3年目 みちよのナース道 FBシェア数:20
  7. 食事中に突然発症した胸痛で必ず疑うべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:29
  8. 子どものかぜに抗菌薬を欲しがる親への説明は? かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:388
  9. 本人に代わって意思決定できるのは誰? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:54
  10. マイナンバーカードを作るメリット・デメリット Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:25
医師と医学研究者におすすめの英文校正