2003.03.14

【日本呼吸器学会速報】 力士の半数に睡眠時の呼吸障害、取組成績にも影響

 相撲力士23人を対象とした調査で、力士のほぼ半数に、睡眠中の呼吸障害がみられることが明らかになった。睡眠中に呼吸障害がある力士では、呼吸障害がない力士より、有意に取組成績が悪かったという。同愛記念病院アレルギー・呼吸器科の鈴木直仁氏らによる調査で、3月13日の一般口演で発表された。

 無呼吸など睡眠中の呼吸障害は、太っている人に多いことが知られている。同愛記念病院は両国国技館のすぐそばにあり、鈴木氏らは、同院で診察機会が多い力士にも、体格からみて睡眠中の呼吸障害が多いのではと推測。ある相撲部屋に協力してもらい、2002年の秋場所終了後に、所属力士に夜間睡眠中の酸素飽和度(SaO2)を測ってもらった。

 相撲部屋の所属力士は24人で、年齢は16〜35歳、全員が邦人で20人が幕下以下。平均身長は180.0cm、平均体重は132.1kgで、体格指数(BMI)の平均値は40.7だった。うち一人は既に持続陽圧呼吸器(CPAP)治療を受けていたため、残りの23人を検査対象とした。

 その結果、睡眠中に呼吸障害がある(SaO2が90%未満の時間が5分以上または全睡眠時間の1%以上)力士が、23人中11人に達することが判明。うち6人には重度の呼吸障害があり、5人はSaO2が90%未満の時間が20分以上または全睡眠時間の5%以上で、一人はSaO2が90%未満の時間が20分未満だったものの、酸素飽和度の4%低下(ODI4%)が睡眠1時間当たり12.7回みられた。

 次に鈴木氏らは、こうした睡眠呼吸障害(SDB)がある力士とSDBがない力士とで、体重やBMIを比較した。すると、SDBがある力士の平均BMIは43.7となり、SDBが無い力士(37.6)より有意に高いことが判明。「BMIが40、または体重が130kg」(鈴木氏)を超えると、SDBを合併する人が増えることがわかった。

 さらに、検査前2場所の取組成績とSDBの有無との関連を調べると、SDBがある力士の勝率は平均4割1分で、SDBの無い力士(5割1分)を有意に下回ることが明らかになった。一般に、体重の重い大型力士ほど取組では有利だと言われており、実際にSDBの無い力士では体重が重いほど取組成績が良かった。ところが、SDBがある力士では、体重が増えても取組成績は横這いのままだった。

 なお、SDBがある力士のうち4人はCPAP治療を開始したが、開始後2場所の取組成績は、二人が上昇、一人が横這い、一人が低下と「症例数が少ないこともあり、現時点でははっきりした傾向はみられない」(鈴木氏)。鈴木氏らは今後、取組成績の上昇や負傷の減少など、SDB治療の具体的な効果の検証を続ける予定で、「日本相撲協会にも、SDBの実態調査や治療への取り組みを望みたい」と話している。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正