2003.03.11

米国の喘息有病率は成人3.1%、小児4.4%−−2000年度MEPS調査

 米国厚生省(HHS)の下部組織、Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ:医療分野の研究と質向上を支援する部門)はこのほど、2000年度医療保険受給状況調査(MEPS)の喘息に関する解析結果を発表した。喘息有病率は成人で3.1%、小児(0〜17歳)で4.4%であり、ほぼ9割が薬物治療を受けているが、吸入ステロイドは半数しか使っていないことがわかったという。

 2000年度調査への応答者数は2万3839人で、応答率は65.25%。医師などから喘息との診断を受けており、過去1年間に喘息発作を起こした人を、喘息有病者と定義して解析を行った。喘息との診断は受けているが、過去1年間に発作を起こしていない人は、この解析では喘息患者としては扱っていない。

 その結果、調査応答者全体の3.5%、全米では970万人が、喘息にかかっているとみなせることが判明。有病率・有病者数は小児で4.4%(320万人)、成人で3.1%(650万人)となることがわかった。成人の有病率は女性の方が高い(4.1%対2.8%)が、小児では女児(3.4%)より男児(5.4%)の方が高かった。

 また、喘息の薬物療法は喘息有病者の86.5%が受けており、比率は小児(91.2%)の方が成人(84.3%)より高かった。しかし、長期管理薬(コントローラー)である吸入ステロイドに関しては、小児では6歳以上での使用が推奨されていることもあり、小児(42.3%)よりも成人(53.5%)で多く使われていた。男女別では女性(55.1%)の方が、男性(41.8%)よりも吸入ステロイドの使用率が高かった。

 なお、気道状態を反映するピークフロー(最大呼気流速度)を測定し、喘息の自己管理に役立てる「ピークフローメーター」の使用率は、有病者の31.3%に留まっている。

 喘息に関する解析結果の概要は、こちらからダウンロードできる。MEPS調査の詳細は、「MEPSのホームページ」まで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正