2003.03.03

ペプチド医薬に黄信号?、再投与でマウスの大半が死亡

 ペプチド医薬を用いた免疫療法で、患者を死に至らしめるような、深刻な副作用が起こる恐れがあることがわかった。1型糖尿病を自然発症するマウスを使った実験で、グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD)65ペプチドを投与し、4週後に再投与(チャレンジ)したところ、全例が激しいアナフィラキシー・ショックを起こし、マウスの86%が死亡したという。実験結果は、生物学分野のオンライン・ジャーナルであるBMC Immunology誌に掲載された。

 1型糖尿病の発症には、細胞性免疫を活性化させる1型ヘルパーT細胞(Th1)と、液性免疫を担う2型ヘルパーT細胞(Th2)のバランスが深く関与していると考えられている。1型糖尿病などの自己免疫疾患患者では、このバランスがTh1優位に傾いていることが知られている。

 GADは、人間や1型糖尿病自然発症マウス(NOD;non-obese diabetic mouse)の、膵臓β細胞に対する自己抗原で、「膵臓β細胞特異的なGAD発現」が1型糖尿病発症の鍵を握るとされる。そこで発案されたのが、GADペプチドを用いる免疫療法。生後早い時期にGADペプチドを投与することで、Th1・Th2バランスを整えてGADに対する免疫寛容状態を誘導すれば、1型糖尿病の発症を予防できるとの仮説が立てられた。

 この仮説に基づき、米国Stanford大学の研究グループは、生後8〜9週のメスのNODマウス14匹にGAD65ペプチドを注射。1週間隔3回投与で“免疫した”後、4週後に再度投与を行い、GADによるペプチド免疫の「再チャレンジ効果」を調べた。

 すると、GAD65ペプチドの再チャレンジを受けた14匹はすべて、注射直後に体温が1度以上低下するなど、激しいアナフィラキシー・ショック状態を呈示。30分以内に12匹(86%)が死亡した。このようなショック状態は、同時に試したほかのペプチドでもみられたが、頻度は42〜43%、死亡率は33〜80%だった。なお、生理食塩水を投与したマウスでは、こうしたショック反応は一切みられなかった。

 ただし、人を対象とした臨床試験では、これまで少なくとも200人以上がペプチド医薬の投与を受けているが、局所のアレルギー反応が10%前後に生じるだけで、このような激しいアナフィラキシー・ショック事例は報告されていないという。この理由として挙げられているのは、人のアナフィラキシー・ショックは主に免疫グロブリンE(IgE)の介在で起こるということ。一方のマウスではIgEとIgGの2ルートがあり、IgGが主体だと考えられている。

 しかし、研究グループは「マウスのアナフィラキシー・ショックでも、IgEが何らかの役割を果たしていることは否定できない」と指摘。Th1優位性の自己免疫疾患患者はNODマウスと同様の免疫異常を内在している可能性もあり、臨床応用に際しては十分に注意を払うべきだと強調している。

 この論文のタイトルは、「Severe anaphylactic reactions to glutamic acid decarboxylase (GAD) self peptides in NOD mice that spontaneously develop autoimmune type 1 diabetes mellitus」。現在、全文をこちら(PDF形式)で閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 48歳男性。微熱、咳嗽、胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  2. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  3. 最も早い大予測! 2020診療報酬改定はこうなる 日経ヘルスケアon the web
  4. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 両側気胸はバッファローチェストが原因? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  7. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  8. 開業の融資獲得に準備した2つの“秘密兵器” 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. その爪の赤色、出血? それとも腫瘍? 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  10. その「暴れる患者」はただの暴れん坊なのか? EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」
医師と医学研究者におすすめの英文校正