2003.02.27

イオン溶出少ないインプラント用合金、既存材料と同程度の生体適合性を確認

 2月21日から開催された日本歯科薬物療法学会で、愛知学院大学歯学部歯科薬理学講師の新井通次氏を中心とする研究グループは、同大学歯科理工学助教授の福井寿夫氏らが開発した合金がアレルギーなどを起こし難い歯科インプラント用材料として有望であることを発表した。現在、歯科インプラント用として最も多く使用されている合金は、主体となるチタンに生体適合性を向上させるためにアルミニウムとバナジウムを加えたもの(Ti-Al-V)。しかしこの合金では、含有金属がイオンとして比較的溶出しやすいため、金属アレルギーや細胞毒性反応を引き起こす可能性があった。

 新たな合金は、チタンにイオン化傾向の低いニオビウム、タンタル、ジルコニウムを加えたもの(Ti-Nb-Ta-Zr)。新井氏らは、マウスの骨からカルシウムを取り除く処理をして作ったペレットに合金を貼り付け、これをマウスの背部筋膜上に移植。4週間後に、カルシウムがペレットに蓄積した量を測定した。比較として、純チタンとTi-Al-V合金でも同様の実験を行った。

 インプラントの土台となる合金材料が歯槽骨に定着するには、金属と接触した骨表面で再石灰化が起こる必要がある。この実験でカルシウムの蓄積量が多ければ、実際に合金をインプラント材として使用したときに高い適合性を期待できる。

 その結果、Ti-Nb-Ta-Zr合金ではカルシウムの蓄積量が平均75.6マイクログラムと最も多く、続いてTi-Al-V合金の平均50.4マイクログラム、純チタンの平均36.6マイクログラムだった。Ti-Nb-Ta-Zr合金と純チタンの結果には有為差があったが、Ti-Nb-Ta-Zr合金とTi-Al-V合金の結果には有意差がなかった。

 同大学歯科理工学助教授の福井氏は「Ti-Nb-Ta-Zr合金は、Ti-Al-V合金よりもしなやかで柔らかいという特徴があり、物性的にも優れている。加工技術も既に確立しており、来年度から人での臨床試験を開始できる見込みだ」と話す。

 新しい歯科用インプラント材料の開発は、5年前から同大学歯学部の各講座が共同で取り組んでいるプロジェクト。福井氏は「特定の金属にアレルギー症状を起こすなど患者の体質に合わせて、歯科用金属材料の成分を自由に変えられる技術を開発するのが最終目標だ」としている。(河野修己、医療局開発)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正