日経メディカルのロゴ画像

2003.02.19

アスピリンにイブプロフェン併用で死亡率増加、心血管疾患既往者の後ろ向き研究で示唆

 アスピリンを服用している心血管系疾患患者が、非ステロイド抗炎症薬(NSAID)のイブプロフェンを併用すると、心血管系死亡だけでなく総死亡も有意に増加するとするレトロスペクティブ(後ろ向き)研究結果が報告された。米国Ninewells医科大学のT. M. MacDonald氏とL. Wei氏によるもので、Lancet誌2月15日号に掲載された。

 同氏らは、心血管系疾患による入・退院後アスピリンを処方され、1カ月以上生存していた7107人のデータを解析。心血管系死亡や総死亡に併用薬が与える影響を評価した。観察期間の中央値は3.3年。

 その結果、イブプロフェンを併用していた187人では、アスピリン以外のNSAIDを服用していなかった6285人と比べ、総死亡の相対リスクが1.93倍になることが判明(95%信頼区間:1.30〜2.87、p=0.0011)。心血管系死亡も同様に1.73倍(同:1.05〜2.84、p=0.0305)となり、いずれも大幅に高くなることがわかった。一方、ジクロフェナクなどイブプロフェン以外のNSAID併用例(635人)では、このような死亡の増加は認められなかった。

 「少なくとも心血管疾患例においては、イブプロフェンがアスピリンと薬物相互作用を生じるという仮説を支持する結果」とMacDonald氏とWei氏は結論。同号のCommentaryでは、英国University of OxfordのGarret A. FitzGerald氏も、「アスピリンによる心筋梗塞・脳卒中二次予防作用が確立している以上、アスピリンとNSAIDを併用するのであればイブプロフェン以外を用いた方が好ましい」との見解を示している。

 この論文のタイトルは、「Effect of ibuprofen on cardioprotective effect of aspirin」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。(宇津貴史、医学レポーター)