日経メディカルのロゴ画像

2003.02.17

FDAが心筋梗塞のスクリーニングに新たな血液検査承認、従来より精度が2割向上

 米国食品医薬品局(FDA)は2月14日、激しい胸痛を訴える患者に対して、心筋梗塞ではないことを見極めるのに役立つ新たな血液検査、「Albumin Cobalt Binding」(ACB)を承認した。血中の異常アルブミンについて調べるもので、心筋梗塞のスクリーニングに用いる血液検査としては、1994年に承認されたトロポニン試験以来、初めて。

 これまで、心電図とトロポニン試験のみでは、心筋梗塞ではないことを約50%の精度でしか予測できなかったが、これに加えてACB試験を行うことで、その特異性が約70%に上がるという。

 FDAによると、米国では毎年、約300万〜500万人が心筋梗塞の疑われる症状で病院の救急室を訪れるという。だが、そのうち実際に心筋梗塞と診断されるのは約22%に過ぎないとしている。

 ACB試験の製造元は、Ischemia Technologies社(Colorado州Arvada)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)