2003.02.10

FDA、ソマン被爆に臭化ピリドスチグミンの事前投与を動物データのみで承認

 米国食品医薬品局(FDA)は2月5日、強いコリンエステラーゼ阻害物質であるソマンへの被爆対策として、臭化ピリドスチグミンの事前投与を、米国軍人の闘争用として承認した。FDAでは2002年6月30日から、通称「animal efficacy rule」と呼ばれる規則により、ヒトを対象にした治験が倫理的理由などから難しい際には動物実験データを元に承認を行うことを認めているが、今回の承認は、同規則を適用した初めての例という。

 主にサルとギニピグを対象に行った研究結果では、ソマンへの被爆前に臭化ピリドスチグミンを投与し、被爆後にアトロピンとプラリドキシムを投与することで、生存率が増加したという。

 FDAはまた、臭化ピリドスチグミンは、1955年から重症筋無力症の治療薬として承認されているため、そのデータを元に安全性を評価したという。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:33
  2. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:70
  3. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:7
  4. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:50
  5. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法 FBシェア数:38
  6. 「生保は後発品」に賛成も、実際ごねられたら… 医師1000人に聞きました FBシェア数:74
  7. 二刀流の野球選手の活躍に未来の医師像を見る 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:22
  8. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:60
  9. ユリコさん流・人生の終い方 ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:22
  10. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:78
医師と医学研究者におすすめの英文校正