2003.01.31

米で小児てんかん治療にガイドライン、初回発作後の抗てんかん薬投与を否定

 米国神経学会(AAN)と米国の小児神経学会(CNS)は1月27日、無熱性けいれん発作を初めて起こした小児に対する診療ガイドラインを発表した。「初回発作の段階から抗てんかん薬を開始する」との治療戦略を原則として否定するもの。ガイドラインは、AANの学術誌であるNeurology誌1月28日号に掲載された。

 外傷や熱発など明確な原因が無いけいれん発作(無熱性けいれん、特発性てんかん)は、米国では小児の約1%が経験するありふれたもの。こうした無熱性けいれんに対する治療戦略は、ここ20年で大きく転換した。

 以前は、初回発作の段階から抗てんかん薬を開始すれば、発作の再発を大方防げると考えられており、積極的な抗てんかん薬投与が行われていた。しかしその後、経過観察した場合でもてんかん発症へとつながるケースはまれであることなどがわかり、初回発作から抗てんかん薬を処方する医師は少数派になりつつある。わが国でも現在は、「抗てんかん薬の処方は原則として2度目の発作以降」との治療戦略を取る医療機関が多い。

 とはいえ、この「治療戦略の転換」は、あくまで経験的な知見に基づくもの。そこで、AANとCNSは、1980年から2001年までに発表された臨床研究を網羅的に検討し、エビデンスに裏打ちされたガイドライン策定を行うこととした。

 その結果、初回発作の段階から抗てんかん薬を開始すると、経過観察を行った場合よりも、発作の再発を抑制できるとの報告が多いことが判明。しかし、小児のみを対象とした臨床研究は少なく、小児でのエビデンスは不十分だった。小児が抗てんかん薬を長期間服用する場合、身体的・精神的な副作用が無視できないこともわかった。

 以上から両学会は、初回発作の無熱性けいれんに対し、再発・てんかん発症抑制を目的とした抗てんかん薬投与は不適当(not indicated)と結論。抗てんかん薬を投与する場合は、その患者にとってメリットとなる再発・てんかん発症抑制効果が、デメリットとなる身体的・精神的な副作用を上回ることを個別に確認すべきだとした。

 このガイドラインのタイトルは、「Practice parameter: Treatment of the child with a first unprovoked seizure」。アブストラクトは、こちらまで。この件に関するAANのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正