2003.01.24

【高血圧治療に関する調査】(その4) 降圧薬選択と情報源、循環器内科医では「インターネット」も59.5%と高率

 MedWaveが昨年実施した「高血圧治療に関する調査」では、降圧薬選択と情報源の役割についても尋ねた。それによると、降圧薬に関する情報の入手経路として、多く挙げられたのは、医学雑誌やMRなどだった。循環器内科医については、学会・論文も6割に達し、インターネットも59.5%と高率だった(図1)。
    
■図1 


 ただし、降圧薬選択時にどの情報を重視するかということになると若干様相が異なった。

 図2は、医師が降圧薬を選択するとき、情報源別にどの程度、気にかけているかを表したもの(降圧薬選択時にどの程度気にかけるかを4段階(「非常に気にかける」「やや気にかける」「あまり気にかけない」「全く気にかけない」)で質問し、各回答に点数をつけ、その加重平均値の結果を表した。プラスが大きいほど「気にかける」度合いが高く、マイナスが大きいほどその度合いが低くなる。点数の範囲は100点〜-100点)。

 いずれのグループも、降圧薬選択時に「学会発表や論文」、「医学雑誌に取り上げられている」を気にかける度合いが高くなっており、採用する降圧薬を選択するときには、これらの情報に重きが置かれているといえよう。

 なお、専門医(循環器内科医)以外では、「医師仲間のアドバイス」が「MRから提供される情報」より高くなった。専門医の影響力の強さをうかがわせている。

■図2 


●調査概要

◆調査方法 調査票の発送、回収のすべてをインターネットで実施。弊社医療総合サイトMedWaveのメーリングリストに登録している医師にアンケートサイトを告知し、webサイトを通じて回答を回収。

 データの精度に関しては、1999年と2000年に実施した「高血圧治療に関する調査」(日経メディカル読者を対象にした質問紙郵送法によるサンプリング調査)の結果と比較して、それほど大きな差異は見られなかった。ネットを利用することによる偏りはほとんどないと考えられる。

◆調査回答数 344名(循環器内科医:74名  その他の内科医:167名  その他の医師:103名)

◆調査日程  2002年10月〜11月


======================================

お知らせ】 第2回降圧薬の処方状況に関する調査 結果報告書のご案内

======================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:18
  2. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「ニキビが治りません!」と言われたら 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:8
  4. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:3
  5. 親の寄付なしには体育の授業もできない!? 緒方さやかの「米国NPの診察日記」 FBシェア数:2
  6. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:162
  7. 「実際に手術した患者はゼロ」との回答が9割超 医師1000人に聞きました FBシェア数:0
  8. 中堅スタッフの「残業逃れ」で募る不公平感 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:36
  9. 生後27日、女児。腹部膨満、哺乳不良。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. 横浜市が事前指示書「もしも手帳」を作ったワケ 横浜市医師会常任理事の赤羽重樹氏に聞く FBシェア数:14
医師と医学研究者におすすめの英文校正