2003.01.24

大鵬薬品、「アイピーディ」の国外開発・製造販売権を山之内製薬にライセンス

 大鵬薬品と山之内製薬は1月23日、大鵬薬品が創製した抗アレルギー薬「アイピーディ」(一般名:トシル酸スプラタスト、開発コード:IPD-1151T)について、海外における開発、製造、販売権を山之内製薬に独占的にライセンスするとの契約を締結したと発表した。同薬は既に気管支喘息、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を適応症としてわが国で販売されており、国内で間質性膀胱炎などへの適応拡大に向けた第2相試験を行っていた。今後は海外での臨床開発を山之内製薬が実施する。

 トシル酸スプラタストは、ヘルパーT細胞由来のサイトカインの産生を抑えることで、抗アレルギー作用を示すとされる。間質性膀胱炎はアレルギーや自己免疫疾患などが発症原因と考えられており、米国では45〜100万人程度の患者がいると推定されている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正