2003.01.24

大鵬薬品、「アイピーディ」の国外開発・製造販売権を山之内製薬にライセンス

 大鵬薬品と山之内製薬は1月23日、大鵬薬品が創製した抗アレルギー薬「アイピーディ」(一般名:トシル酸スプラタスト、開発コード:IPD-1151T)について、海外における開発、製造、販売権を山之内製薬に独占的にライセンスするとの契約を締結したと発表した。同薬は既に気管支喘息、アレルギー性鼻炎とアトピー性皮膚炎を適応症としてわが国で販売されており、国内で間質性膀胱炎などへの適応拡大に向けた第2相試験を行っていた。今後は海外での臨床開発を山之内製薬が実施する。

 トシル酸スプラタストは、ヘルパーT細胞由来のサイトカインの産生を抑えることで、抗アレルギー作用を示すとされる。間質性膀胱炎はアレルギーや自己免疫疾患などが発症原因と考えられており、米国では45〜100万人程度の患者がいると推定されている。

 この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 最年少教授が拓く「臓器の芽」による新移植医療 特集◎再生医療はここまで来た!《4》 FBシェア数:408
  2. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:46
  3. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:830
  4. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:441
  5. これって幻覚!? 病院珍百景 FBシェア数:18
  6. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. タクロリムスの特性活かしたプロアクティブ療法 皮膚科のくすり虎の巻 FBシェア数:72
  8. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:451
  9. ブランド戦略のプロに教わった自院PRのコツ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:32
  10. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:63
医師と医学研究者におすすめの英文校正