2003.01.10

USPSTFがプライマリ・ケアでの食事指導ガイドラインを改訂、食習慣関連慢性疾患患者へのカウンセリングを推奨

 米国予防医療専門委員会(USPSTF)は1月2日、プライマリ・ケアにおける食事指導に関する改訂ガイドラインを発表した。USPSTFは、米国厚生省(HHS)の下部組織、Agency for Healthcare Research and Quality(AHRQ:医療分野の研究と質向上を支援する部門)の諮問機関。ガイドラインの全文と、根拠となった臨床研究の解析結果は、American Journal of Preventive Medicine誌1月号に掲載された。

 改訂ガイドラインでは、高脂血症など病態に食習慣が関与する疾患の患者に対し、健康的な食習慣に向け行動変容を促すカウンセリングを行うよう推奨。一方、外来受診患者全例に対し、ルーチンに食事指導を行うことに関しては、エビデンス不足を理由に判断を保留している。

 このガイドラインのタイトルは、「Behavioral Couseling in Primary Care to Promote a Healthy Diet: Recommendations and Rationale」。AHRQホームページ上の「Counseling」から、ガイドラインや根拠となった論文の網羅的レビューなど関連情報を入手できる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:266
  2. 指導者泣かせの新人 病院珍百景 FBシェア数:22
  3. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:107
  4. サンフランシスコで私はなぜ手を洗ったのか 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:27
  5. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:77
  6. 42 歳男性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  8. 癌検診を受けない人は総死亡率が有意に高い JAMA Intern Med誌から FBシェア数:19
  9. EGFR変異陽性肺癌の治療選択で改めて示されたT… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:50
  10. マイナンバーカードを使った資格確認の導入に向け改… 医療保険部会で厚労省が方針を発表 FBシェア数:29
医師と医学研究者におすすめの英文校正