2002.12.15

虚血プレコンディショニングでCABG術後の不整脈が減少

 冠動脈バイパス術(CABG)を受ける患者を対象とした無作為化試験で、術前に一定時間心筋を虚血状態に置いた「虚血プレコンディショニング群」の患者では、術後に不整脈を起こす確率がほぼ半減することがわかった。ヒトを対象とした臨床研究で、虚血プレコンディショニングの抗不整脈効果が示されたのは初めて。研究結果は、Circulation誌12月10日号に掲載された。

 虚血プレコンディショニングは、心筋があらかじめ虚血状態にさらされると、次の虚血イベントに対して耐性が獲得される現象。観察研究や動物実験で、こうした現象が起こり得ることが確かめられてきた。

 臨床研究でも、CABGや経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の術前に一時的に心筋への血流を止めると、トロポニンTなどの心筋障害マーカーが低下することがわかっている。しかし、心筋障害による不整脈発生の予防など、より直接的な臨床効果については、これまで明確なデータは得られていなかった。

 フィンランドTampere大学病院心臓外科部門のZhong-Kai Wu氏らは、3枝病変があり、待機的にCABGを受ける虚血性心疾患患者86人を無作為に2群に分割。一方のみに、2分間心筋への血流を止めた後3分間再灌流を行う「虚血プレコンディショニング処理」を術前に2回行い、術後の不整脈の発症状況を調べた。

 その結果、血流再開後24時間以内(早期再灌流期)に心室細動(VF)を起こした患者の割合は、無介入群(43人)の79.1%に対し、虚血プレコンディショニング群(43人)では48.8%と有意に低いことが判明。術後の非持続性の心室頻拍(VT)も、無介入群では97.7%とほとんどの患者が経験したのに対し、虚血プレコンディショニング群では55.8%と有意に少なかった。持続性のVTは、無介入群の3人に生じたが、虚血プレコンディショニング群では一人も生じなかった。

 VTの抑制効果は、術後2時間までと、術後24〜48時間の2回に分けて現れており、術後2〜24時間では無介入群と変わらなかった。研究グループは「このタイミングは、(動物実験などで知られている虚血プレコンディショニングの)“早期プレコンディショニング”と“遅延プレコンディショニング”に相当する」と考察している。

 この論文のタイトルは、「Ischemic Preconditioning Suppresses Ventricular Tachyarrhythmias After Myocardial Revascularization」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン4】異常陰影を指摘せよ(難易度 高) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:3
  2. 「基本3点セット」でせん妄をコントロール ケーススタディー◎睡眠マネジメントで術後せん妄を防ぐ静岡がんセンター FBシェア数:7
  3. 「この治療は意味があるのかな?」と思ったら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:72
  4. 外国人患者の来院への備え、ここがポイント 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:5
  5. 日大は卒業生の子女を優先して追加合格 NEWS FBシェア数:6
  6. 腸内細菌の研究が活況、しかし課題も 記者の眼 FBシェア数:11
  7. 60歳代女性。肝障害の精査 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:1
  8. 震える指が指した50音ホワイトボードの「ありがと… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 奇想の絵師8人が大集合する「奇想の系譜展」 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  10. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:52
医師と医学研究者におすすめの英文校正