2002.12.12

米国厚生省、発癌性物質レポートでエストロゲンや木製ダストなど追加

 米国厚生省(HHS)は12月11日、発癌性物質に関する報告書「Report on Carcinogens」を公表した。これは、新しい研究結果を元に隔年発行されているもので、今回で10回目。この中で、エストロゲンや木製ダスト、広域スペクトル紫外線などが、新たに「発癌性物質として知られているもの」として追加された。

 エストロゲンは、閉経後の女性のエストロゲン補充療法や経口避妊薬として使われている。報告書によると、エストロゲン補充療法が子宮内膜癌リスクの増加に関連していることを示す、一貫した研究結果が出たという。また、一貫性は低いものの、乳癌リスクの増加を示す研究結果もあるという。

 また、エストロゲンを含む経口避妊薬については、乳癌リスクの増加に関連する可能性があるものの、卵巣癌や子宮内膜癌は逆にリスクを減らす可能性があるとしている。

 広域スペクトル紫外線については、報告書内で、皮膚癌や唇の癌、眼の黒色腫との因果関係を示す研究結果を引用している。木製ダストはまた、鼻腔や前頭洞などの洞の発癌リスクを増やすという。

 この他、ニッケル化合物、ベリリウムとその化合物が、今回新たに「発癌性物質として知られているもの」として加えられた。

 詳しくは、米国立衛生研究所(NIH)による、ニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:0
  2. 将来の懲戒処分リスクが高い医学生の行動とは 特集◎これってコンプライアンス違反?《2》医学生の問題行動 FBシェア数:546
  3. ロキソニンとカロナール、どっち派? 村川裕二の「ほろよいの循環器病学」 FBシェア数:350
  4. わがままコールもほどほどに こんな私も3年目 みちよのナース道 FBシェア数:27
  5. 痛風患者で定期的な尿酸値測定は必須? 関節痛の診かたアップデート FBシェア数:44
  6. 吸入トラネキサム酸は喀血量を減らせるか? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:24
  7. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:40
  8. それって、いったい誰が決めたの? カデット特集●研修病院残酷物語 FBシェア数:0
  9. 勝谷氏を死に追いやった「重症型アルコール性肝炎」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:161
  10. 大きく変わる今冬のインフルエンザ治療戦略 寄稿◎2018−19シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:76
医師と医学研究者におすすめの英文校正