2002.12.12

中外製薬、週1回投与タイプのインターフェロン製剤を輸入申請

 中外製薬は12月11日、ポリエチレングリコール(PEG)で架橋して血中半減期を長くし、抗原性を低下させたインターフェロンα-2a(IFNα-2a)製剤(欧米での商品名:Pegasys)の輸入承認申請を、11月18日に行ったと発表した。適応症はC型慢性肝炎で、投与開始時は連日、その後も週3日の頻回投与が必要な従来のIFNα製剤と比べ、週1回の投与で済む点が特徴。同社は2003〜2004年の承認を見込んでいる。

 国内で行った臨床試験では、従来のIFNαよりウイルス学的な治療効果が優れており、特に、IFNαが効きにくいとされるウイルス型(ジェノタイプ1b)や高ウイルス量症例でも有効性が認められたという。安全性面でも、発熱などインフルエンザ様症状の発現頻度が低下したと同社は発表している。

 今回の輸入承認申請は単独投与に関するものだが、中外製薬では、昨年11月にスピード承認された抗ウイルス薬のリバビリン(関連トピックス参照)との併用試験も行っており、現在第3相の段階。PEG化IFNでは、シェリング・プラウもIFNα-2bのPEG化製剤(欧米での商品名:Peg-Intron)について日本で第3相試験を進めており、リバビリンとの併用投与での承認申請を予定している。

■関連トピックス■
◆ 2002.9.11 IFNαのリバビリン併用療法で脳出血、添付文書を改訂

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:68
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:36
  3. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:100
  4. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  5. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:27
  6. 突然発症の右腰背部痛、腎機能低下も認めたら… カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:47
  8. 胸水中ヒアルロン酸のカットオフ値はどこ? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:18
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:222
  10. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:145
医師と医学研究者におすすめの英文校正