日経メディカルのロゴ画像

2002.12.10

住友製薬、新規アントラサイクリン系肺癌治療薬を発売

 住友製薬は12月6日、アントラサイクリン系抗癌薬の塩酸アムルビシン(商品名:カルセド)を発売した。世界初の全合成アントラサイクリン系薬で、適応症は非小細胞肺癌(NSCLC)と小細胞肺SCLC)。薬価収載に当たっては有用性加算(2)が適用された。

 臨床試験における奏効率(部分寛解=PRと完全寛解=CRの和)は、NSCLCが23.1%、SCLCが75.8%。骨髄抑制などの副作用発現率は従来薬と同程度だという。薬価は、20mg1瓶が8766円、50mg1瓶が1万9662円。この件に関する住友製薬のプレス・リリースは、こちらまで。