2002.12.04

新規スイッチOTC配合の水虫薬が年初にも発売

 佐藤製薬はこのほど、塩酸ブテナフィン(医療用薬の商品名:メンタックス、ボレー)を配合した水虫治療薬「ラマストンMXクリーム・液」を、2003年1月にも発売すると発表した。塩酸ブテナフィンは、医療用医薬品を大衆薬(一般用医薬品)に転用した、いわゆるスイッチOTC。今年4月にスイッチOTCとして了承された抗真菌薬4種類のうちの一つで、同時期に承認された成分・商品の中では、初めて店頭に並ぶ商品となる見込みだ。

 4月にOTC化が了承された医療用医薬品成分は5種類で、うち4種類が抗真菌薬。塩酸ブテナフィンは「ラマストン」シリーズのほか、武田薬品工業の「スコルバ」シリーズなどへの配合が決まっている。塩酸ネチコナゾール(同:アトラント)配合の水虫薬はエスエス製薬から、塩酸アモロルフィン(同:ペキロン)配合の水虫薬は「ダマリン」シリーズを擁する大正製薬などから発売される予定だが、時期はいずれも未定。

 もう一つの塩酸テルビナフィン(同:ラミシール)は、特に爪白癬の特効薬として、経口薬が医療機関でイトラコナゾール(同:イトリゾール)と並び頻用されている成分。大衆薬としてはクリーム剤などの外用薬としてのみ販売するが、大衆薬としての承認はこれからで、成分を前面に打ち出した独自ブランドを確立する可能性がある一方、大手既存ブランドに配合される可能性もある。

 水虫治療薬は早くから成分のスイッチOTC化が進んだ領域の一つで、現在売れ筋の商品の大半が、硝酸ミコナゾール(同:フロリードなど)やビホナゾール(同:マイコスポールなど)、硝酸オキシコナゾール(同:オキナゾールなど)といったスイッチOTC成分を含む。「スイッチOTC成分を含んでいる」ことが消費者への大きなアピール点の一つとなっており、来夏の水虫シーズンを前に、各社の販売競争が激化しそうだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:56
  2. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:79
  4. GPは外科をどこまで学ぶべきか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:1
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:20
  6. インフルエンザ、全国的に流行期に突入 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:13
  7. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:4
  8. こんな組織は“チームスクラップ”候補に! 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:2
  9. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:199
  10. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正