2002.12.02

割りばし事故の刑事事件で初公判、被告医師は無罪主張

 割りばしが喉に刺さった男児を誤診、死亡させたとして、主治医が業務上過失致死罪に問われた刑事事件で11月29日、初公判が東京地裁で開かれた。被告医師は、死亡は過失でないとして起訴事実を否認した。弁護側も、医師の行為に関わりなく死亡した可能性が高いと無罪を主張した。

 被告は杏林大学耳鼻咽喉科に勤務していた根本英樹医師。死亡したのは、東京都杉並区の杉野隼三ちゃん(当時4歳)。

 検察の冒頭陳述などによると、1999年7月10日、母親と一緒に盆踊り大会に遊びにいった隼三ちゃんは、綿あめを食べながら歩いており、転倒した際に割ばしでのどを刺してしまった。その夜、杏林大学医学部付属病院高度救命救急センターに救急搬送され治療を受けた。診察中もぐったりしており嘔吐もあったことから頭蓋内の損傷が疑われる状態だったが、診療に応じた耳鼻咽喉科の根本医師は、頭部CT検査もせず、また脳神経外科医師への引き継ぎなどもせず、傷口に軟膏を塗るなどをしただけで帰宅させたという。結局、隼三ちゃんは約15時間後の翌朝、死亡した。

 この事件には読者からの投稿(関連トピックス)も相次いだ。隼三ちゃんを救うために、医師をはじめとする関係者は何をすべきだったのか−−。今後の公判で明らかになっていく、あるいは明らかにすべき事実に注目していきたい。第2回公判は、12月17日午後1時半から予定されている。

◆ 2002.9.11 特集◇投稿】割りばし事件の刑事告訴について

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  5. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  6. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  8. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  9. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  10. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正