2002.11.28

AHA2002速報ランキング 「ハイリスク高齢者へのスタチン投与にメリット、急性心筋梗塞治療にも新知見」がトップ

 AHA2002速報のランキングです。11月18日から26日までのページビューを調べましたところ、この間に最もアクセスの多かった記事は、「ハイリスク高齢者へのスタチン投与にメリット、急性心筋梗塞治療にも新知見−−18日のLBCTより」でした。「冠動脈疾患予防のためにω-3脂肪酸の摂取を、AHAが声明を発表」が2位、「早朝の血圧急上昇が脳卒中リスクを増大させる」が3位でした。以下に上位10位を紹介します。

1位 ◆ 2002.11.19 ハイリスク高齢者へのスタチン投与にメリット、急性心筋梗塞治療にも新知見−−18日のLBCTより

2位 ◆ 2002.11.19 冠動脈疾患予防のためにω-3脂肪酸の摂取を、AHAが声明を発表

3位 ◆ 2002.11.21 早朝の血圧急上昇が脳卒中リスクを増大させる

4位 ◆ 2002.11.20 日本人対象の心筋梗塞2次予防試験「JBCMI」が発表、初の日本人エビデンスに

5位 ◆ 2002.11.21 再掲】高血圧性標的臓器障害の保護には降圧薬の種類よりも積極的降圧療法が有効

6位 ◆ 2002.11.21 「長寿の秘訣は心臓にあり」、センテナリアンの子供調査で判明

7位 ◆ 2002.11.20 クレアチニン値はACS患者の強力な予後予測因子、日米で報告

8位 ◆ 2002.11.21 アスピリン服用者のACS、非服用者より予後が良好

9位 ◆ 2002.11.19 「ガイドラインを実践する段階に入った」−−会長講演より

10位 ◆ 2002.11.19 糖尿病合併者の高血圧管理は不十分、米の民間保険加入者調査で判明

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《7》転職
  2. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  3. なぜ一度始めた生命維持治療はやめられないのか 大阪市総合医療センター緩和ケアセンター長の多田羅竜平氏に聞く
  4. 経口可能なGLP1作動薬、心血管リスク増加せず 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  5. 三大死因に「老衰」が初ランクイン ニュース◎死因病名に「肺炎」ではなく「老衰」と記載する医師が増加か?
  6. 教師も外科医も実践する「責任のシェア」とは 記者の眼
  7. 「即戦力」と期待の新人が3カ月で辞めた理由 院長を悩ます職員トラブル大研究
  8. DPP-4阻害薬とSU薬の直接対決、その勝者は? 学会トピック◎第79回米国糖尿病学会学術集会(ADA2019)
  9. 過去とは状況が異なる現在のエボラ大流行 コンゴのシニア・メディカル・アドバイザー、カシンスキー・リチャード氏に聞く
  10. 人体の神秘? こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正