2002.11.25

【再掲】 全国的な頭痛患者実態調査を今年度から開始

 日本頭痛学会は2002年度から3年間の計画で、頭痛に関する全国的な患者実態調査を実施する。2005年に京都で開催される国際頭痛学会で研究成果を発表する構想だ。

 日本における全国的な頭痛の疫学研究は、北里大学医学部教授の坂井文彦氏らが1997年に報告した片頭痛に関するものしかない。その後、人口の高齢化の進展や、トリプタン製剤の登場で片頭痛の治療戦略が大きく変わるといった動きもあり、継続的な調査が望まれていた。今回の調査研究は坂井氏が率いる研究班が担当する。調査の手法や研究プロトコルなどは未定だが、2003年3月には第1弾の報告をまとめる予定という。

■訂正■
 「疫学調査」と報道しましたが、患者実態調査の誤りでした。お詫びして訂正致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正