2002.11.25

ゾルミトリプタンとエルゴタミン製剤、急性片頭痛治療ではゾルミが好結果

 急性期の片頭痛治療において、ゾルミトリプタンとエルゴタミン製剤(カフェルゴット)の比較対照試験を実施したところ、鎮痛作用の切れ味、副作用、QOL向上などの点でゾルミトリプタンの方が優れていた。西沢クリニックの西澤芳男氏(写真)が23日、日本頭痛学会総会の一般口演で報告した。

 西澤氏らは、約20施設において、片頭痛の確定診断が得られた659人の通院患者に対する性・年齢構成、重症度などをほぼ一致させた2群に分ける多施設ランダマイズ比較試験を行った。

 その結果、鎮痛効果についてはゾルミトリプタンが投与2時間後に68.4%、4時間後に75.3%に改善がみられたのに対し、カフェルゴットでは2時間後に45.1%、4時間後でも47.1%だった。2〜24時間後に再発し追加投薬を要した比率も36.8%対62.9%とゾルミトリプタンが大幅に低かった。片頭痛の随伴症状の改善についても、嘔吐では有意差がみられなかったが、吐き気(投与4時間後で23.0%対55.2%)や光過敏(投与4時間後で33.9%対56.3%などではゾルミトリプタンが優れていた。

 副作用では、ゾルミトリプタンが有意に多かったものとして、疲労感(6.3%対4.0%)、喉の締め付け感(3.3%対0.6%)、胸痛(4.8%対0.9%)などがあった。カフェルゴットの方が多かった副作用としては、吐き気/嘔吐(5.1%対15.0%)、めまい(4.2%対7.9%)腹部不快感(0.6%対3.7%)などだった。

 治療後の患者の印象として、ゾルミトリプタンでは49.1%の患者が「優れている」「良い」としていたのに対し、カフェルゴットでは34.6%だった。鎮痛の早さや副作用の少なさが反映されたようだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:36
  2. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 入試不正の存在を以前から知っていましたか? 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《4》卒業生アンケート FBシェア数:13
  4. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:47
  5. チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:36
  6. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:66
  7. 政府が中村祐輔氏に委ねたAIホスピタル計画とは リポート◎テクノロジーは医師の働き方を変えるか FBシェア数:15
  8. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:269
  9. 「再入学の自分が外科を志すのは遅すぎる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:17
  10. ドリップ・シップ・リトリーブで脳梗塞を救え リポート◎適応時間内に血栓回収療法を行う2つのストラテジー FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正