2002.11.25

口腔外科初診患者で、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者は2%

 1990年代に入って口腔顔面痛学が発展、歯科領域からの頭痛へのアプローチも進んでいる。その一端を示す研究成果が、清水市立病院口腔外科と静岡赤十字病院神経内科のグループから22日報告された。清水市立病院の井川雅子氏が「清水市立病院口腔外科初診患者における『頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛』の割合の検討」と題して発表した。口腔外科初診患者では、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者が2%と決して稀ではないことを指摘した。

 研究グループは、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者が歯や顎の痛みを訴えて歯科を受診することが少なくないことから、市中病院の歯科おける頭痛患者数や受診理由などを調べた。
 
 対象は、2001年8月1日から2002年7月31日までの1年間に清水市立病院口腔外科を受診した初診患者1859人。5年以内の再初診患者と、問診表記入の必要性から15歳以下は除いている。診断は国際頭痛学会の基準(1988)にそって行った。

 その結果、脱落23人を除く1836人中、歯・顎および関連組織の疾患は1525人で、顎関節の疾患は250人(13.6%)だった。片頭痛は5人(0.3%)、以下、緊張型頭痛12人(0.6%)、群発頭痛2人(0.2%)、三叉神経痛11人(0.5%)、舌咽神経痛5人(0.3%)だった。その他では咬筋ジストニーが1人だった。歯および顎関節症以外の頭痛・顔面痛患者は全対象患者の2%という結論だった。

 受診理由では、たとえば片頭痛患者では、「前兆として歯痛がある」「神経内科の治療で改善しない」「内科の治療で改善しない」「発作時、顎関節部に疼痛」というものだった。

 これらの結果から井川氏らは、口腔外科は、「神経内科や脳神経外科などの隣接領域の診療科との連携体制を整えておくことが重要」と考察している。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
  2. 舌下免疫療法を“卒業”しました 記者の眼
  3. 薬の名前に物申す こんな私も3年目 みちよのナース道
  4. 【レッスン8】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. 重篤外傷患者の治療や家族への接し方で悩んだら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  6. 初期研修医がやってしまいがちな10の失敗例 Cadetto通信
  7. どうする? 画像診断装置や医師の偏在 学会トピック◎第78回日本医学放射線学会総会
  8. 切っても切れない肥満と肺血栓塞栓症の関係 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  9. 心房細動患者のPCI後抗血栓療法、最良の選択は 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE
  10. アセタゾラミド微量混入の原因が明らかに エカベトNa顆粒「サワイ」服用でドーピング陽性反応
医師と医学研究者におすすめの英文校正