2002.11.25

緊張型頭痛の患者で約6割にめまい症状

 国際分類の診断基準では、緊張型頭痛がめまいを伴うことが記載されていない。しかし、日常診療では緊張型頭痛の患者で約6割にめまいの症状が存在した−−。太田熱海病院神経センター神経内科の山根清美氏が22日、「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」と題して報告した。

 山根氏は、日常診療で緊張型頭痛の患者が何らかのめまいを主訴とすることが少なくないことに着目。緊張型頭痛患者を対象に、めまいの頻度、めまいの性状などを調べた。

 対象は同診療科目を受診し、緊張型頭痛と診断された114例。男性が39例、女性が75例。年齢は16歳から86歳で、平均年齢は61.2歳だった。

 その結果、114例中めまいが存在したのは68例(59.6%)で、約6割と高率だった。性状を分析したところ、回転性めまい(verigo)が43例(63.2%)、浮動性めまい(dizziness)が25例(36.8%)だった。

 この結果から山根氏は、成書にはめまいの原因の鑑別診断に緊張型頭痛を挙げているものは「極めて少ない」(山根氏)ことから、「臨床的にめまいの原因の鑑別に、緊張型頭痛を念頭におくことが重要」と強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:179
  2. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
  3. 8カ月男児、身体が柔らかい、運動発達が進まない 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:512
  5. 働き方改革の最終報告書案、「年1860時間」の特… シリーズ◎医師の働き方改革に関する検討会 FBシェア数:53
  6. 腹痛による不登校を繰り返す児童で考えたいこと 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:21
  7. 在宅の管理料が査定、レセプトのどこが問題? あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:14
  8. 加算は場当たり的、今こそ医療財政の抜本改革を シリーズ◎何でもPros Cons【診療報酬上の加算ってどう思う?】 FBシェア数:5
  9. 医師の働き方改革が支離滅裂なワケ 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:42
  10. 病理医がAIに置き換わらない理由、教えます シリーズ◎何でもPros Cons【医師の仕事は半分以上AIに置き換わる?】 FBシェア数:179
医師と医学研究者におすすめの英文校正