2002.11.14

抗癌薬「ハイカムチン」、来年から日本化薬が販売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は11月12日、同社が販売中の抗癌薬、塩酸ノギテカン(商品名:ハイカムチン注射用)の販売について、日本化薬と提携すると発表した。同薬は昨年2月に小細胞肺癌の治療薬として承認、昨年4月からGSKが販売してきたが、早ければ2003年初にも日本化薬に販売権を移管する。

 塩酸ノギテカンはDNAトポイソメラーゼ阻害薬の一つで、1型トポイソメラーゼに対する阻害作用を通し、DNAの複製過程を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する。世界70カ国以上で卵巣癌の治療薬、35カ国以上で小細胞肺癌の治療薬として承認されており、日本では初発卵巣癌を対象とした第2相試験が進行中。世界的には再発卵巣癌を含む他の悪性腫瘍の治療薬としても開発が進められている。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診断が付かないめまい症の多くはPPPDだった トレンド◎変わるめまいの診断基準 FBシェア数:619
  2. 同級生が設計してくれた医院に思わぬ落とし穴 開業の落とし穴 FBシェア数:21
  3. 73歳男性。露光部に多発する落屑・痂皮・びらんを… 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. ディオバン論文不正事件で判決、二審も無罪 薬事法違反を巡る裁判で一審を支持 FBシェア数:166
  5. 世界標準のOPATが日本で普及しない理由 成田赤十字病院/亀田総合病院 感染症科部長の馳亮太氏に聞く FBシェア数:129
  6. ダパグリフロジンで心血管リスクは増加せず 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:10
  7. クロピドグレルと併用するならどのPPIがいい? 山本雄一郎の「薬局にソクラテスがやってきた」 FBシェア数:20
  8. 医師人生に影響した1冊、1位はやっぱり… 医師の絶対教養 読書編 FBシェア数:32
  9. AIやIoTを駆使し医療の質や患者満足度を上げる リポート◎倉敷中央病院が目指すブリリアントホスピタルとは? FBシェア数:55
  10. 医師に求められる緩和ケアのスキルとは シリーズ◎座談会「心不全緩和ケア時代と医師の役割」《4》 FBシェア数:24
医師と医学研究者におすすめの英文校正