2002.11.14

抗癌薬「ハイカムチン」、来年から日本化薬が販売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は11月12日、同社が販売中の抗癌薬、塩酸ノギテカン(商品名:ハイカムチン注射用)の販売について、日本化薬と提携すると発表した。同薬は昨年2月に小細胞肺癌の治療薬として承認、昨年4月からGSKが販売してきたが、早ければ2003年初にも日本化薬に販売権を移管する。

 塩酸ノギテカンはDNAトポイソメラーゼ阻害薬の一つで、1型トポイソメラーゼに対する阻害作用を通し、DNAの複製過程を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する。世界70カ国以上で卵巣癌の治療薬、35カ国以上で小細胞肺癌の治療薬として承認されており、日本では初発卵巣癌を対象とした第2相試験が進行中。世界的には再発卵巣癌を含む他の悪性腫瘍の治療薬としても開発が進められている。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. いざ閉院、最後に待ち構えるこんなトラップ 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《9》閉院
  2. 白い巨塔、財前五郎の「これが死か」に抗議する 廣橋猛の「二刀流の緩和ケア医」
  3. 特効薬がない緊張型頭痛こそ漢方の活用を 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  4. 新人ナースを卒業したとき 病院珍百景
  5. 自分が運転するのは80歳まで 医師1000人に聞きました
  6. 緩和ケアの若手医師、69%に燃え尽き、30%に心… 学会トピック◎第24回日本緩和医療学会学術大会
  7. 呼吸器内科医の勤務状況をまとめた珍しい論文 Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ
  8. 相変わらず遅れている日本のワクチン政策 仏サノフィ・パスツールの上級副社長、デヴィッド・ロウ氏に聞く
  9. いつの間にか職員の心が離れ…その理由は? 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《8》診療所の人事労務管理
  10. 肺炎を繰り返す若年女性、原因はまさかの… 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
医師と医学研究者におすすめの英文校正