2002.11.14

抗癌薬「ハイカムチン」、来年から日本化薬が販売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は11月12日、同社が販売中の抗癌薬、塩酸ノギテカン(商品名:ハイカムチン注射用)の販売について、日本化薬と提携すると発表した。同薬は昨年2月に小細胞肺癌の治療薬として承認、昨年4月からGSKが販売してきたが、早ければ2003年初にも日本化薬に販売権を移管する。

 塩酸ノギテカンはDNAトポイソメラーゼ阻害薬の一つで、1型トポイソメラーゼに対する阻害作用を通し、DNAの複製過程を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する。世界70カ国以上で卵巣癌の治療薬、35カ国以上で小細胞肺癌の治療薬として承認されており、日本では初発卵巣癌を対象とした第2相試験が進行中。世界的には再発卵巣癌を含む他の悪性腫瘍の治療薬としても開発が進められている。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:14
  2. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  3. 「急変時どうしますか」って聞いちゃいます? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:0
  4. CKDのあるAF患者に抗凝固薬を使うべきか? BMJ誌から FBシェア数:0
  5. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:113
  6. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  7. 医師も患者も怖い「原因不明」の病の正体 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:3
  8. 安全な飲酒量の目安はエタノール週100g以下 Lancet誌から FBシェア数:16
  9. 敗血症性ショックにステロイド併用の利益あり NEJM誌から FBシェア数:0
  10. 総合診療専門医の状況にもう黙ってはいられない シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正