2002.11.14

抗癌薬「ハイカムチン」、来年から日本化薬が販売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は11月12日、同社が販売中の抗癌薬、塩酸ノギテカン(商品名:ハイカムチン注射用)の販売について、日本化薬と提携すると発表した。同薬は昨年2月に小細胞肺癌の治療薬として承認、昨年4月からGSKが販売してきたが、早ければ2003年初にも日本化薬に販売権を移管する。

 塩酸ノギテカンはDNAトポイソメラーゼ阻害薬の一つで、1型トポイソメラーゼに対する阻害作用を通し、DNAの複製過程を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する。世界70カ国以上で卵巣癌の治療薬、35カ国以上で小細胞肺癌の治療薬として承認されており、日本では初発卵巣癌を対象とした第2相試験が進行中。世界的には再発卵巣癌を含む他の悪性腫瘍の治療薬としても開発が進められている。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 71歳女性。意識消失発作 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  2. 【レッスン6】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:24
  3. 何種類もあるトリプタン、どう使い分ける? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:35
  4. パワハラの張本人がハラスメント委員長!? 特集◎これってコンプライアンス違反?《12》院内相談窓口の実態 FBシェア数:28
  5. 若い女性の膀胱炎の診断に尿検査は必須? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:93
  6. センサー内蔵で超精巧な人体モデル誕生 トレンド◎手術シミュレーションや医療機器の開発に貢献 FBシェア数:41
  7. クリニック移転の失敗を回避するには 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:15
  8. ランチョン廃止で900万円を失った学会の運営術 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《3》 FBシェア数:1873
  9. エコーで分かる!胃・十二指腸疾患 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  10. 79 歳女性。体幹・四肢の環状紅斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正