日経メディカルのロゴ画像

2002.11.14

ボケ予防にはワイン、ビールは逆効果か

 ワイン好きにはうれしい、そしてビール好きにはちょっとショックな調査結果が発表された。デンマークのお年寄り約1700人を対象とした調査で、ワインを飲む習慣がある人には痴呆が少なく、逆にビールでは多いことがわかったという。ワインとビールの飲酒パターンの違いや、ワインに含まれる特定の成分などが影響していると研究グループはみている。調査結果は、米国神経学会の学術誌であるNeurology誌11月12日号に掲載された。

 調査ではまず、デンマークのCopenhagenに住む65歳以上のお年寄り1711人に「ミニメンタル検査」(MMSE)と呼ばれる認知機能試験を受けてもらい、痴呆かどうかを診断。さらに、過去15年間の飲酒習慣や、飲むアルコールの種類などを調べて、痴呆とアルコール摂取との関係を分析した。

 試験の結果、痴呆と診断された人は83人で1626人は正常だったが、1週間で飲むアルコールの量そのものは痴呆かどうかで変わらないことが判明。ところが、痴呆の人の6割に全くワインを飲む習慣が無いのに対し、痴呆ではない人では4割しかワインを飲まない人がいなかった。喫煙習慣や血圧、脳卒中になったことがあるかなど、痴呆の発症に影響し得る様々な因子で補正すると、ワインを飲む人は飲まない人よりおよそ2倍痴呆になりにくいことがわかった。

 逆にビールについては、こうした因子で補正して計算すると、「月に何度か飲む」人ではおよそ2倍、全く飲まない人よりも痴呆を発症しやすいことが明らかになった。「週に何度か飲む」人でも、痴呆の発症率が高い傾向が認められた。ウィスキーなどの蒸留酒でも、飲む人の方が飲まない人より痴呆発症率が高い傾向があった。

 なぜビールを飲む人で痴呆が増える計算になるのかは不明だが、「ワインは食事と共にたしなむことが多いのに対し、ビールは(飲み会など)特別な機会でそれだけを大量に飲むことが多く、そうした“飲酒パターンの違い”が影響しているのでは」と研究グループはみる。一方のワイン、特に赤ワインには、老化を防ぐとされる抗酸化成分のフラボノイドが含まれており、こうした成分が「痴呆の発症を防ぐ方向に働いた可能性がある」と研究グループは考察している。

 この論文のタイトルは、「Amount and type of alcohol and risk of dementia: The Copenhagen City Heart Study」。アブストラクトは、こちらまで。