2002.11.12

FDAが20分で結果が出るHIV検査キットを承認、精度は99.6%

 米国食品医薬品局(FDA)は11月7日、20分で結果が出るHIV(エイズウイルス)検査キット「OraQuick Rapid HIV-1 Antibody Test」を承認した。検査の正確性は99.6%。OraQuickを活用することで、検査を受けた人はその場で結果を知ることができる。FDAによれば、毎年、公立の診療所でHIV検査を受け結果が陽性だった人のうち約8000人が、検査結果を受け取るための再受診をしていないという。

 OraQuickはまた、常温で保存でき、特別な機器なども不要なため、今後FDAの許可を得て、臨床検査センターやクリニック以外の、HIVカウンセリングセンターなどでも活用していく可能性もあるという。なおOraQuickで陽性と出た場合、より精度の高い検査法で確認する必要があるという。またOraQuickは、献血の際のスクリーニングへの使用は認められていない。

 FDA副長官のLester M. Crawford氏は、妊娠期間中にHIV検査を受けなかった女性の出産に際し、OraQuickを使うことで新生児への感染を防ぐ処置を行うことができたり、医師や看護婦が誤ってHIV感染者の血液に触れた場合に迅速に検査を行うこともできる、としている。

 米国疾病対策センター(CDC)によれば、全米のHIV感染者約90万人のうち、4人に1人は自分が感染していることを知らないという。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:29
  2. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:54
  3. 主訴<頭痛>の救急患者への対応法 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:53
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  6. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:71
  7. GPの”相棒”グラム染色を活用しよう! 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:31
  8. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:142
  9. 54歳男性。全身倦怠感と皮疹 Cadetto.jp限定「よりぬきメディクイズ」 FBシェア数:28
  10. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:38
医師と医学研究者におすすめの英文校正