2002.11.07

FDA、心移植不適応の終末期うっ血性心不全患者向けに心臓補助ポンプを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月6日、心移植が適応にならない終末期うっ血性心不全患者への、心臓補助ポンプ「HeartMate」の永久装着を承認した。これは、1年生存率が約2倍になるという治験結果を受けたもの。HeartMateは、左心室を補助する装置で、これまでは、心移植を待つ患者への一時的装着のみが承認されていた。

 治験では、129人の終末期うっ血性心不全患者に対し、68人にHeartMateを装着、61人は最も望ましい薬剤による治療を継続した。その結果、1年後の生存率は、対照群が28%だったのに対し、HeartMate群は50%に上った。また、2年後の推定生存率は、対照群が10%、HeartMate群は27%としている。

 一方、同器具の装着にあたっては、大手術を要するため、多くの患者で出血があり、再手術を要したのは32%、感染症が41%、脳卒中が10%の患者で起こったという。こうした重篤な副作用を伴うことから、FDAは、同器具の適応を心移植が不適応の症状の重い終末期うっ血性心不全患者に限定しており、その数は全米で2〜3万人だとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:577
  2. HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が… シリーズ◎何でもPros Cons【どうする? HPVワクチン接種の積極的勧奨】 FBシェア数:57
  3. てんかん発作を感知し抑制するデバイス普及へ トレンド◎てんかんやパーキンソン病を電気刺激で治療 FBシェア数:160
  4. 年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  5. 飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う? トレンド◎治療目標に「飲酒量の低減」が加わったアルコール依存症治療 FBシェア数:17
  6. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:41
  7. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:374
  8. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:75
  9. 喘息の増悪で入院した患者に抗菌薬は無駄 JAMA Intern Med誌から FBシェア数:64
  10. 開業するのは誰のため?自分?それとも患者? 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正