2002.10.28

米国成人の3分の1が関節炎か慢性関節痛、CDC調べ

 米国疾病対策センター(CDC)は10月24日、18歳以上の米国人の3分の1にあたる約7000万人が、関節炎か慢性関節痛があるという調査結果を公表した。これはCDCが、18歳以上の21万2000人に対して電話で聞き取り調査をして明らかにしたもの。CDCのJulie L. Gerberding氏は、「関節炎は身体障害の最大の原因であり、今回の調査結果によって、関節炎と慢性関節痛が最も一般的な公衆衛生上の問題であることが確認された」としている。

 調べによると、関節炎か慢性関節痛を持つ人の割合は女性に多く、女性が37.3%で、男性は28.4%だった。この割合は州によって大きな開きがあり、最も少ないのはハワイ州の17.8%なのに対して、最も多いのはウエスト・バージニア州の42.6%だった。

 また、関節炎か慢性関節痛があるとした33%のうち、10.6%は医師によって関節炎と診断を受けた人、10.0%は慢性関節炎があると答えた人で、12.4%はその両者だった。

 CDCでは現在36州に対して、関節痛を持つ人向けの適切な運動法の指導など、QOL(生活の質)改善プログラムへの助成を行っている。詳しくは、CDCによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 【レッスン4】異常陰影を指摘せよ(難易度 高) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:3
  2. 「基本3点セット」でせん妄をコントロール ケーススタディー◎睡眠マネジメントで術後せん妄を防ぐ静岡がんセンター FBシェア数:7
  3. 「この治療は意味があるのかな?」と思ったら 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:72
  4. 外国人患者の来院への備え、ここがポイント 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:5
  5. 日大は卒業生の子女を優先して追加合格 NEWS FBシェア数:6
  6. 腸内細菌の研究が活況、しかし課題も 記者の眼 FBシェア数:11
  7. 60歳代女性。肝障害の精査 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:1
  8. 震える指が指した50音ホワイトボードの「ありがと… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 奇想の絵師8人が大集合する「奇想の系譜展」 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:1
  10. 増え続ける診療所勤務医、その背景事情は? 記者の眼 FBシェア数:52
医師と医学研究者におすすめの英文校正