2002.10.25

【日本公衆衛生学会速報】 炭疽菌芽胞に対する消毒、WHO推奨5薬剤はすべて有効

 炭疽菌は芽胞を形成することで消毒薬に対する抵抗性を持つため、有効な薬剤は限定されている。さらに、日本では消毒薬の有効性に関するデータが十分ではない現状を踏まえ、埼玉県衛生研究所の柴田穣氏らは、世界保健機関(WHO)が推奨している、ホルムアルデヒドや次亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素、グルタルアルデヒド、過酢酸の5種類の薬剤について、その殺菌効果を検討した。その結果、WHO推奨5薬剤はすべて有効であることがわかった。10月24日、日本公衆衛生学会のポスターセッション「感染症」で発表した。

 今回用いた材料は、供試菌がBacillus anthracis 2苗H株とBacillus anthracis 34-F2株。また、試験薬剤の濃度(と使用した不活化剤)については、10%ホルムアルデヒド水溶液(リン酸加3.36%アンモニア水)、0.5%次亜塩素酸ナトリウム水溶液(0.5%チオ硫酸ナトリウム)、3%過酸化水素水(0.2%カタラーゼ加0.5%チオ硫酸ナトリウム)、2%および4%グルタルアルデヒド(ともに1.0%グリシン)、0.3%および1%過酢酸(0.5%および1.0%チオ硫酸ナトリウム)とした。なお、WHO指針では、グルタルアルデヒドの濃度は4%、過酢酸は1%と、通常より高濃度になっている。

 殺菌効力の測定方法については、以下の通り。被検薬液1.8mlに芽胞菌液0.2mlを加え、素早く混和し、摂氏20度で一定の作用時間静かに置いておく。その後、試験液1mlに不活化剤9mlを混ぜ、反応を停止させた後、そのうち1mlを9mlのTSB(trypticase soy broth)で摂氏37度の状態のまま48時間培養し、菌の発育の有無から殺芽胞作用を確かめた。なお、作用時間については、5分、10分、20分、30分、60分、120分の6パターンを採用し、同日に同条件の実験を3回繰り返した。

 結果については、「120分間作用させると、どの薬剤においても殺芽胞効果が得られた」(柴田氏)。もっと短時間でも有効なものもあり、10%ホルムアルデヒドと1%過酢酸だと、5分後にすべて陰性となった。また、2%グルタルアルデヒドと0.3%過酢酸では、20分後にはすべて陰性となり、WHOが推奨している高濃度でなくても、比較的短い時間で効果を示すことも確認された。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 餅の窒息や風呂での溺水で警察は呼ぶ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:16
  2. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:19
  3. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:205
  4. 大腸ポリープが腫瘍かどうかをAIが瞬時に判定 トレンド◎AI搭載の診断支援ソフトが国内初承認、年内発売へ FBシェア数:47
  5. 過敏性腸症候群ではプラセボ効果も治療のうち 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:51
  6. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:41
  7. この処方箋の患者はかぜ?それとも肺炎? 短期連載(1):Dr.キタカズの「成人市中肺炎の処方箋」 FBシェア数:39
  8. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:107
  9. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:49
  10. スギ花粉、関東以南は2月中旬から飛散開始 日本気象協会発表、花粉量は例年よりも多いが前シーズンより少なめ FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正