日経メディカルのロゴ画像

2002.10.23

NHBPEPが高血圧1次予防ガイドラインを改訂、「食事パターンの改善」と「カリウム摂取」を新たに推奨

 米国高血圧教育プログラム(NHBPEP)はこのほど、1993年に発表した「高血圧の1次予防ガイドライン」を改訂した。従来の4本柱である「減塩、節酒、減量、運動」に加え、新たに「食事パターンの改善」と「カリウムの適正量摂取」を高血圧の1次予防策として推奨するもの。小児期からの介入の重要性も初めて明記された。改訂ガイドラインは、Journal of American Medical Association(JAMA)誌10月16日号に掲載された。

 NHBPEPは、米国国立衛生研究所(NIH)の下部機関である米国心肺血液研究所(NHLBI)の関連組織。今回発表された改訂ガイドラインは、米国厚生省(HHS)が2000年に発表した国民健康増進10カ年計画、「Healthy People 2010」に反映される。

 他のガイドライン同様、今回のガイドライン改訂に当たっても、旧ガイドライン発表後に報告された新たなエビデンスに関する網羅的な検討が行われた。なかでも今改訂に最も大きな影響を与えたのは、一連の「DASH」(Dietary Approaches to Stop Hypertension)研究だ(NEJM;336,1117,1997、NEJM;344,3,2001)。

 「DASH」研究で介入に用いられた食事パターン(DASHダイエット)が、新ガイドラインで「推奨すべき食事パターン」として採用された。野菜と果物を豊富に含み、脂質(特に不飽和脂肪酸)が少ない食事が推奨されている。また、もう一つの新推奨項目である「カリウムの適正量摂取」に関しては、正常血圧者を対象とした介入試験12件のメタ分析(JAMA;277,1624,1997)が根拠になった。

 一方、米国で高血圧の予防を期待して摂取されることが多い、魚油(不飽和脂肪酸)やカルシウムについては、「降圧効果はごくわずか」と結論。朝鮮人参やイチョウ葉エキスなどのハーブ系サプリメントについても「降圧効果に関する臨床研究はほとんど行われていない」と注意を促している。

 このガイドラインのタイトルは、「Primary Prevention of Hypertension :Clinical and Public Health Advisory From the National High Blood Pressure Education Program」。アブストラクトは、こちらまで。