2002.10.22

万有製薬の新規抗癌薬「J-107088」、Pharmacia社が共同開発

 万有製薬と米国Pharmacia社は10月21日、万有製薬が創薬した新規抗癌薬「J-107088」の共同開発で合意した。日本では万有製薬、それ以外の全世界ではPharmacia社が独占的に開発・販売する。

 J-107088はDNAトポイソメラーゼ阻害薬の一つで、塩酸イリノテカン(商品名:カンプト、トポテシン)と同様、1型トポイソメラーゼに対する阻害作用を持つ。腫瘍の増殖に欠かせないDNAの複製過程を阻害することで抗腫瘍活性を示す。ただし、両者の化学構造は異なり、塩酸イリノテカンはカンプトテシン系、J-107088はインドロカルバゾール系に属する。

 同薬は現在、米国で第2相試験が進行中で、日本では第1相試験が終了したところ。臨床試験では、単剤で固形癌に対する効果が示されているという。Pharmacia社は2003年から、大腸癌などを対象とした臨床試験を開始する予定だ。この件に関するニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 前代未聞の状況だった今夏を象徴する2症例 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:76
  2. 64歳女性。発熱と皮疹 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 薬物乱用頭痛は病態を頭に入れて対処しよう 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」 FBシェア数:36
  4. 心房細動と心房粗動の脳梗塞リスクは異なる JAMA Network Open誌から FBシェア数:46
  5. 入院患者の不穏行動をAIで予知して防ぐ リポート◎手首装着型センサーを使ったシステムの開発が進展中 FBシェア数:90
  6. 町ぐるみで研修医に「本物の地域医療」を伝授 記者リポート FBシェア数:34
  7. 治療に直結する脳梗塞の病型診断 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. 風疹の国内流行が発生し始めている可能性が高い 感染研が緊急情報、首都圏で風疹患者が急増 FBシェア数:82
  9. 【漫画】患者さんの発言にビックリ ガンバレ薬剤師 FBシェア数:40
  10. 塗り分け注意!メサデルムとリンデロンVG セキララ告白!個別指導 FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正