2002.10.17

【日本高血圧学会速報】 食後高血糖と高血圧の合併で心血管疾患死亡リスク高まる

 食後2時間以内の血糖値上昇は心血管疾患の有意な危険因子であり、高血圧と食後高血糖が合併すると死亡リスクが有意に高まることが判明した。NIPPON DATA解析グループが、1980年循環器疾患基礎調査成績の追跡研究(NIPPON DATA 80)を使って、高血圧と食後高血糖の合併と循環器疾患死亡の関連を検討した結果による。同グループの一員である札幌医科大学第二内科の斎藤重幸氏が10月12日、日本高血圧学会の一般口演で発表した。

 糖尿病や耐糖能異常が高血圧に合併しやすいことは知られており、食後高血糖が虚血性心疾患や脳梗塞といった動脈硬化性疾患の独立した危険因子であることも報告されている。日本人では、食習慣の変化などにより、2型糖尿病や耐糖能異常が増えてきているが、耐糖能異常と高血圧が合併した場合における、心血管疾患の予後についての疫学的な検討は少ない。

 同グループは、1980年循環器疾患基礎調査客体で、その後19年間における生死と死因が把握できた9638人(追跡率91.4%)のうち、食後2時間以内の随時血糖値が測定されている男性930人(平均年齢49.8歳)、女性1403人(同50.4歳)の計2333人のデータを使って、予後について検討した。エンドポイントはすべての脳卒中と心疾患による死亡であり、国際疾病分類(ICD-10)における09000〜09500としている。

 なお、基礎調査の時点で、糖尿病の治療歴がある人や随時血糖値が200mg/dl以上の人は、解析対象から除外されていて、糖尿病患者は解析対象に含まれていない。また、高血圧患者は、収縮期血圧140mmHg以上かつ/または拡張期血圧90mmHg以上の患者、あるいは降圧薬服用者とした。

 血糖値によって対象者を五つの群に等分したところ、血糖レベルが高くなるにつれ、女性の割合が下がり、年齢と血圧値は上がる傾向にあった。降圧薬服用者を除き、年齢と性で調整しても、血糖レベルの上昇に伴い、血圧値は有意に上昇していた。なお、第1分位は血糖値が116mg/dl未満、第2分位は116mg/dl以上128mg/dl未満、第3分位は128mg/dl以上140mg/dl未満、第4分位は140mg/dl以上156mg/dl未満、第5分位は156mg/dl以上200mg/dl未満だった。

 次に、食後2時間後までの随時血糖値の5分位における高血圧と循環器死亡について調べた。19年間の心血管疾患の粗死亡率は第1分位から順に2.5%、7.4%、5.7%、9.6%、8.1%で、第2分位から増加。年齢、性、喫煙、総コレステロール値、収縮期血圧値、体脂肪指数(BMI)などを説明変数として、Cox回帰分析したところ、心血管死亡の有意な説明変数となり、危険因子であることがわかった。

高血圧かつ食後血糖値140mg/dl以上の場合、死亡リスクは2.23倍

 血糖値116mg/dl以上(第2分位以上)を食後高血糖とした場合、年齢や性、BMI、喫煙、心血管疾患の既往歴などで補正したCoxハザードモデルによる心血管疾患死亡の相対危険率は、正常な人(高血圧でも食後高血糖でもない人)を1とすると、高血圧だけの人は1.50、食後高血糖だけの人は1.83だが、高血圧と食後高血糖を合併した人は3.18となり、合併すると死亡リスクがより高まることが確認された。

 また、血糖値140mg/dl以上(第4分位以上)を食後高血糖とした場合、同様に相対危険率を求めると、食後高血糖だけの人は0.96、高血圧だけの人は1.56だが、両者を合併した人は2.23と、両者を合併すると死亡リスクはやはり高かった。

 以上から、斎藤氏は、「高血圧と食後高血糖の合併は、循環器疾患死亡の有意なリスクになることが示された」と述べ、「高血圧診療の際には、食後高血糖への対応が必要であると考えられる」と、注意を呼びかけた。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 製薬企業と医師との付き合い方はどう変わる? ニュースウォッチャー井上雅博の「世相を斬る」 FBシェア数:371
  2. 学会はスーツで行くべきなのか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:756
  3. 若年男性に生じた腹痛、必ず聞くべきことは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  4. お尻に注入しないで!(食事中に閲覧しないで) 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:374
  5. 病院の「介護医療院」転換に予想外の傾向! 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:31
  6. 民間病院から大学教授を毎年輩出する秘訣 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:60
  7. 脳梗塞超急性期のEarly CT signとは 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  8. ポケットを伴う褥瘡に有効な「創内固定」 古田勝経の「褥瘡はフルタ・メソッドで治る」 FBシェア数:72
  9. 60歳代女性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  10. 記憶障害のみでゆっくり進行する認知症とは 発見者の金沢大学脳老化・神経病態学(神経内科学)教授山田正仁氏に聞く FBシェア数:141
医師と医学研究者におすすめの英文校正