2002.10.15

【日本高血圧学会速報】 難治性狭心症への骨髄系体細胞移植、臨床試験を世界的規模で実施へ

 難治性狭心症に対する再生医療で、日本や米国、韓国やマレーシアなどの施設が参加する臨床試験が2003年からスタートすることになった。米国ワシントン循環器病センターは10月にも米国食品医薬品局(FDA)から承認される見通しで、韓国サムソン病院やマレーシア国立医療センターも各国当局に申請中だという。すでに難治性狭心症に対する再生医療に取り組んでいる関西医科大学の松原弘明氏が、日本高血圧学会の教育講演1「再生医療」の中で明らかにした。

 松原氏らも参加する研究グループは2000年6月から、閉塞性動脈硬化症、バージャー病などの虚血肢の症例に対して、自己骨髄単核細胞を利用した血管新生療法(TACT;Trial for Therapeutic Angiogenesis Using Transplantation)を実施している。関西医科大学のほか、久留米大学、自治医科大学も参加し、これまでフェイズ1試験(25例)と多施設無作為化二重盲験試験(20例)の二つの試験が行われ良好な結果が得られている。今年の7月19日には、厚生労働省の高度先進医療に申請済みだ。

 松原氏らは、この血管新生療法をほかの疾患にも拡大。2001年12月には、今回の臨床試験の先行例となる難治性狭心症の患者に対する移植を行っている。

 症例は64歳の男性で、心筋梗塞歴があり、冠動脈血行再建術(CABG)2回、インターベンション(PCI)5回の経験があるクラス4の狭心症だった。骨髄細胞500ccを採取し単核球分画を分離、これを開胸下で心臓虚血部に移植した。

 その結果、移植2カ月後には、クラス4がクラス1(胸痛完全消失)に改善、心機能も左心室造影でみた収縮率が42%から53%に回復、不整脈は減少したという。血管造影では側副血行の増生を認めていない。現在も経過観察中だが、改善傾向は保たれているという。

------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  5. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  6. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  8. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  9. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  10. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正