2002.10.15

【日本高血圧学会速報】 ブレスローの七つの健康習慣、あてはまる項目が多いほど実は高血圧

 「ブレスローの七つの健康習慣」はLester Breslow氏が30年前に提唱したもので、1997年版厚生白書で紹介されるなど、日本でもよく知られている健康標語だ。しかし、その七つの習慣を実践している人ほど、実は血圧が高かったことを、東京慈恵会医科大学健康医学センターの和田高士氏が10月11日、日本高血圧学会総会のポスターセッションで発表した。

 ブレスローの七つの健康習慣は、実施項目が多いほど疾患に罹患しにくく、寿命が長いとの結果が1973年に発表された後、しばしば利用されるようになった。その健康習慣の項目とは、1.喫煙をしない、2.過度の飲酒をしない、3.定期的に激しい運動をする、4.適正体重を保つ、5.適正な睡眠を取る、6.毎日朝食を食べる、7.不必要な間食をしない−−の七つ。

 和田氏は、この標語が適切かどうかを確認する目的で、2001年に同センターで人間ドックを受診した人を対象に検証を行った。高血圧を治療中の人を除いた6975人(男5166人、女1809人、平均年齢46.8歳)の問診および測定結果を基に、分析を実施した。なお、ブレスローの七つの健康指標の数値的な定義については、1.は喫煙本数が0本、2.は1日当たり3合相当未満、4.は体脂肪指数(BMI)が18.5〜24.9、5.は7〜8時間の睡眠を取る、とした。

 約7000人のデータを分析したところ、実行数七つを基準とすると、実行数が少ない人ほど、収縮期血圧も拡張期血圧も有意に低くなることが示された(p<0.05)。なお、それぞれの実行数において、年齢層に特に偏りはなかった。血圧値は、すべて実行している七つの群(296人)は収縮期が121.9mmHg、拡張期が76.6mmHg、一方、一つの群(107人)は順に114.9mmHg、72.5mmHgだった(実行数が0だった人は5人と極端に少なかったため、統計処理に含めていない)。

 和田氏は、「ブレスローの七つの健康習慣は、米国人のデータを基にしており、しかも30年前のもの。今回の結果をみると、少なくとも日本人の高血圧予防では、適切な健康標語とは言えないのではないか」と語った。健康標語として、よく用いられているものだけに、高脂血症や糖尿病などでの結果が注目される。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:51
  2. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:26
  3. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:135
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:27
  6. 好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:26
  7. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:6
  8. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:62
  9. 抗結核薬のせいじゃない。○○による肝障害 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:24
  10. 便潜血陽性者が大腸内視鏡精査を拒否したら? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:81
医師と医学研究者におすすめの英文校正