2002.10.09

スタチン投与でCK値正常でもミオパシー発症、4例が報告

 HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)を用いた臨床試験の参加者を対象とした解析で、クレアチンキナーゼ(CK)値は正常範囲であるにも関わらず、ミオパシーを発症した患者が4例確認された。患者は筋肉痛や脱力感などのミオパシー様症状を呈しており、筋組織の生検でミオパシーとの診断が確定された。さらに、断薬後の生検ではミオパシーが認められなかったという。この報告は、Annals of Internal Medicine誌10月1日号に掲載された。

 ミオパシーは、筋肉の痛みや筋力低下、CK値やミオグロビン値などの上昇を特徴とする筋肉障害。スタチン系薬の副作用としてもまれに生じ得ることが知られている。そのため、スタチン系薬服用中の患者が、広範な筋肉痛などのミオパシー様症状を訴えた場合は、CK値などを測定して発症の有無を判断するよう推奨されていた。

 今回の報告は、ミオパシーの発症を診断する上で、CK値が役に立たない場合もあり得ることを示すもの。症例を報告した研究グループは、「スタチンを服用中の患者では、たとえCK値が正常でも、ミオパシーを起こしていることがある」と注意を促している。

 この論文のタイトルは、「Statin-Associated Myopathy with Normal Creatine Kinase Levels」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病院側が語った「透析中止」の真相 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《2》
  2. 左足趾の潰瘍・疼痛で96歳女性が車いすで来院 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part IV
  3. 救急ロスタイムを防げ―現場離脱を阻むもの― 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. 裁判官は医師の過失をどのように判断するのか 裁判官が語る医療訴訟の実像
  5. おいおい、簡単に医師を辞めちゃいけないよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」
  6. 強化療法論争の先にある糖尿病治療の未来 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」
  7. あなたは大丈夫!?新時代の医療人マナー講座! 研修医のための人生ライフ向上塾!
  8. 「年1860時間」の上限変更は十分あり得る シリーズ◎医師の「働き方改革」
  9. 【漫画】EDって何? ガンバレ薬剤師
  10. 若手医師が描くPC連合学会と病総診学会の明日 座談会◎日本の総合診療を確立するために学会に求められること
医師と医学研究者におすすめの英文校正