2002.10.09

スタチン投与でCK値正常でもミオパシー発症、4例が報告

 HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)を用いた臨床試験の参加者を対象とした解析で、クレアチンキナーゼ(CK)値は正常範囲であるにも関わらず、ミオパシーを発症した患者が4例確認された。患者は筋肉痛や脱力感などのミオパシー様症状を呈しており、筋組織の生検でミオパシーとの診断が確定された。さらに、断薬後の生検ではミオパシーが認められなかったという。この報告は、Annals of Internal Medicine誌10月1日号に掲載された。

 ミオパシーは、筋肉の痛みや筋力低下、CK値やミオグロビン値などの上昇を特徴とする筋肉障害。スタチン系薬の副作用としてもまれに生じ得ることが知られている。そのため、スタチン系薬服用中の患者が、広範な筋肉痛などのミオパシー様症状を訴えた場合は、CK値などを測定して発症の有無を判断するよう推奨されていた。

 今回の報告は、ミオパシーの発症を診断する上で、CK値が役に立たない場合もあり得ることを示すもの。症例を報告した研究グループは、「スタチンを服用中の患者では、たとえCK値が正常でも、ミオパシーを起こしていることがある」と注意を促している。

 この論文のタイトルは、「Statin-Associated Myopathy with Normal Creatine Kinase Levels」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:139
  2. 後輩からの借金を返さないベテランに不満噴出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:12
  3. 職員を採用できずに開業した医師が語った事情 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:48
  4. 敗血症へのステロイド投与のメタアナリシス JAMA Internal Medicine誌から FBシェア数:31
  5. 外来での感染症診療は適切なアセスメントから 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:75
  6. 医師の時間外労働の上限規制案は「1900〜200… 厚生労働省「医師の働き方改革に関する検討会」で骨子案が了承 FBシェア数:642
  7. 人生会議、いつ誰とどこで何をどう話すの? アドバンス・ケア・プランニング事始め FBシェア数:37
  8. 同期になった先輩 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:13
  9. 開業したら色んな業者がワッと寄ってきました シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《8》座談会 in 大阪 FBシェア数:34
  10. 医療ドラマのスクラブを院長が着用したら… はりきり院長夫人の“七転び八起き” FBシェア数:69
医師と医学研究者におすすめの英文校正