日経メディカルのロゴ画像

2002.10.09

ESC、今期学術集会の総括「ハイライト・セッション」をウェブ公開

 欧州心臓学会(ESC)はこのほど、8月31日〜9月4日にベルリンで開催した学術集会「ESC2002」(関連トピックス参照)の、発表セッションの一部をインターネットで公開した。高血圧、不整脈、心不全などの領域別に、今期集会のトピックスを総括する「Highlight Session」などが視聴できる。

 公開されたセッションは、心疾患の予防に向け専門医が取り組むべき課題を提示した「Global Approach to Health: Initiatives of importance for the Prevention of Cardiovascular Disease」、急性冠症候群(ACS)の発症・増悪に糖尿病が与える影響を様々な観点から論じた「Diabetes and Acute Coronary Syndromes」と、ESC2002の目玉ともいえる「Highlight Session」の三つ。

 特に「Highlight Session」は、各分野のエキスパートが発表セッションの中から特にインパクトの大きいトピックスを厳選して紹介しており、一見の価値がある。視聴は無料で登録も不要。詳しくは、ESCホームページの「Science & Clinical Information」まで。

 なお、「Highlight Session」のほか、重要性の高い臨床試験の発表セッション「Hot Lines 1」「Hot Lines 2」など計15セッションを収録したCD-ROM(140ユーロ)も販売されており、オンラインで注文できる。詳しくは、こちらまで。

■関連トピックス■
◆ 2002.9.2 欧州心臓学会(ESC)の年次集会がドイツBerlinにて開幕