2002.10.09

ESC、今期学術集会の総括「ハイライト・セッション」をウェブ公開

 欧州心臓学会(ESC)はこのほど、8月31日〜9月4日にベルリンで開催した学術集会「ESC2002」(関連トピックス参照)の、発表セッションの一部をインターネットで公開した。高血圧、不整脈、心不全などの領域別に、今期集会のトピックスを総括する「Highlight Session」などが視聴できる。

 公開されたセッションは、心疾患の予防に向け専門医が取り組むべき課題を提示した「Global Approach to Health: Initiatives of importance for the Prevention of Cardiovascular Disease」、急性冠症候群(ACS)の発症・増悪に糖尿病が与える影響を様々な観点から論じた「Diabetes and Acute Coronary Syndromes」と、ESC2002の目玉ともいえる「Highlight Session」の三つ。

 特に「Highlight Session」は、各分野のエキスパートが発表セッションの中から特にインパクトの大きいトピックスを厳選して紹介しており、一見の価値がある。視聴は無料で登録も不要。詳しくは、ESCホームページの「Science & Clinical Information」まで。

 なお、「Highlight Session」のほか、重要性の高い臨床試験の発表セッション「Hot Lines 1」「Hot Lines 2」など計15セッションを収録したCD-ROM(140ユーロ)も販売されており、オンラインで注文できる。詳しくは、こちらまで。

■関連トピックス■
◆ 2002.9.2 欧州心臓学会(ESC)の年次集会がドイツBerlinにて開幕

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「無診察治療」を巡る訴訟、裁判所の判断は? 日常診療に生かす医療訴訟の教訓
  2. シャワーで頭痛発生!疑うべき疾患は? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  3. 感染性腸炎の問診を「昨夜、生ものを食べませんでし… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  4. レッスン12◆異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  5. VTE患者が抗凝固療法を中止した場合の再発率 BMJ誌から
  6. 冠動脈造影CTは誰に実施すべきか? BMJ誌から
  7. 「志水太郎 vs AI診断」は志水氏の圧勝 診断エラー学のすすめ
  8. CEA上昇も再発・転移所見なし。どう解釈? AntaaQAピックアップ
  9. 医療崩壊を盾に勤務医を犠牲にするのか シリーズ◎医師の「働き方改革」
  10. 吉本興業と大学医局の共通点 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
医師と医学研究者におすすめの英文校正