2002.09.25

西ナイルウイルス感染でポリオを発症、NEJM誌が症例を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は9月23日、西ナイルウイルスへの感染により、ポリオ(急性灰白髄炎)を発症したと考えられる患者4人の症例報告を早期公開した。西ナイルウイルス感染は蚊が媒介する感染症で、人が感染すると脳炎などを引き起こすことが知られているが、ポリオの発症報告は初めて。

 西ナイルウイルス感染症は、夏の終わりから秋にかけてが流行期。1999年以来、米国で流行が続いており、流行地域も東部から中西部へと広がりつつある。NEJM誌では、今がまさに流行期であることに加え、臨床的な重要性を鑑みて症例の早期公開を行った。日本からの旅行者にとっても注意が必要となりそうだ。

 患者はいずれも50歳代の男女で、頭痛や発熱などに引き続いて筋肉の脱力感を訴えており、骨髄液中などに抗西ナイルウイルス抗体が確認された。うち一人では、電気生理学的な検査で脊髄の前角細胞が侵されていることがわかり、病理学的にもポリオであることが確かめられたという。

 ポリオは主に、ポリオウイルスなどのエンテロウイルスにより引き起こされると考えられており、西ナイルウイルスなどのフラビウイルスによる発症例は報告されていない。論文では、西ナイルウイルスによるポリオが、これまでは症状の似ているギラン・バレー症候群と“誤診”されてきた可能性を指摘している。

 早期公開された症例報告2報と論説は、こちらから入手できる。これらの論文は、NEJM誌10月17日号に掲載される予定。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正