2002.09.24

抗うつ薬塩酸デュロキセチン、米国で近く承認

 米国Eli Lilly社はこのほど、同社が抗うつ薬として承認申請していた塩酸デュロキセチン(米国での予定商品名:Cymbalta)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認見込み通知書を受け取ったと発表した。添付文書の記載内容や製造面などの課題が解決した段階で販売承認される見込み。

 塩酸デュロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と類似した作用機序を持つ、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)。臨床試験ではプラセボと比べ、1日60mgの服用量で、3倍の患者でうつ症状の寛解が認められたという。

 わが国では塩野義製薬が臨床開発を行っており、現在追加試験中(関連トピックス参照)。この件に関するEli Lilly社のニュース・リリースは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.8.29 塩野義製薬、承認申請中の抗うつ薬塩酸デュロキセチンに追加試験

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:24
  2. 不眠治療で大事な「3つのP」とは 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」 FBシェア数:71
  3. 明日出合うかもしれないまれな疾患に気付くには EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:137
  4. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:159
  5. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:38
  6. 「病院病床バブル」はいつまで続くか? 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  7. 解決できない問題に遭遇、あなたならどうする? シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:15
  8. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:43
  9. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:56
  10. ノーベル賞と論文の被引用数「hインデックス」 記者の眼 FBシェア数:31
医師と医学研究者におすすめの英文校正