2002.09.24

抗うつ薬塩酸デュロキセチン、米国で近く承認

 米国Eli Lilly社はこのほど、同社が抗うつ薬として承認申請していた塩酸デュロキセチン(米国での予定商品名:Cymbalta)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認見込み通知書を受け取ったと発表した。添付文書の記載内容や製造面などの課題が解決した段階で販売承認される見込み。

 塩酸デュロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と類似した作用機序を持つ、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)。臨床試験ではプラセボと比べ、1日60mgの服用量で、3倍の患者でうつ症状の寛解が認められたという。

 わが国では塩野義製薬が臨床開発を行っており、現在追加試験中(関連トピックス参照)。この件に関するEli Lilly社のニュース・リリースは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.8.29 塩野義製薬、承認申請中の抗うつ薬塩酸デュロキセチンに追加試験

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 76歳男性、胸痛 日経メディクイズ●心電図
  2. 胸部X線画像に現れる人騒がせなあの徴候 撮っておきClinical Picture!
  3. 「バーチカルギロチンにより正中矢状面で切断」で伝… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. rTMSの保険収載でうつ病治療はどう変わる? インタビュー◎薬剤抵抗性患者への一手がいよいよ保険適用へ
  5. 「市販薬が効かない」と言う花粉症患者への処方は? 総復習!花粉症診療
  6. 「乙武洋匡が歩く」ロボット義足で描く未来 リポート◎モーター搭載の義足開発「OTOTAKE PROJECT」始動
  7. アクアチムの一発査定にご注意を! セキララ告白!個別指導
  8. 陰性感情をコントロールするスキルを獲得しよう 診断エラー学のすすめ
  9. ティッシュで包んだ入れ歯を捨てちゃった! 小林光恵の「ほのぼのティータイム」
  10. 無症候性高尿酸血症への安易な薬物療法はNG リポート◎FDAが「フェブキソスタットはアロプリノールよりも死亡リスクが高い」と警告
医師と医学研究者におすすめの英文校正