2002.09.24

抗うつ薬塩酸デュロキセチン、米国で近く承認

 米国Eli Lilly社はこのほど、同社が抗うつ薬として承認申請していた塩酸デュロキセチン(米国での予定商品名:Cymbalta)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認見込み通知書を受け取ったと発表した。添付文書の記載内容や製造面などの課題が解決した段階で販売承認される見込み。

 塩酸デュロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と類似した作用機序を持つ、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)。臨床試験ではプラセボと比べ、1日60mgの服用量で、3倍の患者でうつ症状の寛解が認められたという。

 わが国では塩野義製薬が臨床開発を行っており、現在追加試験中(関連トピックス参照)。この件に関するEli Lilly社のニュース・リリースは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.8.29 塩野義製薬、承認申請中の抗うつ薬塩酸デュロキセチンに追加試験

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  2. 耳介後部の皮疹は播種性帯状疱疹? 隔離すべき? AntaaQAピックアップ
  3. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  4. 食欲不振、嘔吐が続く40歳代、患者の人生を変える… カンファで学ぶ臨床推論
  5. 脳動脈瘤、開頭か血管内治療か、どう決める? 柴田靖の「頭痛外来 研修道場」
  6. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  7. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  8. イニシンク、僅差でエクメットを上回り首位に NMO処方サーベイ
  9. 多剤処方の原因は「他院の医師」…どうする? 日経ヘルスケアon the web
  10. 酸化マグネシウムが断トツ、安さと慣れで頻用 NMO処方サーベイ
医師と医学研究者におすすめの英文校正