日経メディカルのロゴ画像

2002.09.12

WHOが325の必須薬剤に関する処方ガイドを発行、適正用量や副作用、禁忌など盛り込む

 世界保健機関(WHO)は9月4日、325種のWHO必須薬剤モデルリスト(WHO Model List of Essential Drugs)に関する、適正な処方用量、副作用、禁忌や服用に関する注意点などを盛り込んだ、初めての「WHO Model Formulary」を発行した。WHOは、この処方ガイドは科学的根拠のみに基づいて作成したもので、各国が独自の処方ガイドラインを作る基礎にして欲しいとしている。

 特に発展途上国では、薬の処方に関する情報は製薬会社の広告に限られている場合が多く、医療従事者や患者が公正な情報を入手することは難しいという。そこで、今回のModel Formularyを活用することで、そうした地域における無駄な投与を減らすと同時に、服用の安全性も上げることが期待されている。先進国でもまた、医療保険による支払い対象となる薬の処方量などを検討する際に役立ちそうだ。

 WHO Model Formularyは、インターネット上、www.who.int/medicines]から入手することができる。詳しくはWHOによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)