2002.09.12

WHOが325の必須薬剤に関する処方ガイドを発行、適正用量や副作用、禁忌など盛り込む

 世界保健機関(WHO)は9月4日、325種のWHO必須薬剤モデルリスト(WHO Model List of Essential Drugs)に関する、適正な処方用量、副作用、禁忌や服用に関する注意点などを盛り込んだ、初めての「WHO Model Formulary」を発行した。WHOは、この処方ガイドは科学的根拠のみに基づいて作成したもので、各国が独自の処方ガイドラインを作る基礎にして欲しいとしている。

 特に発展途上国では、薬の処方に関する情報は製薬会社の広告に限られている場合が多く、医療従事者や患者が公正な情報を入手することは難しいという。そこで、今回のModel Formularyを活用することで、そうした地域における無駄な投与を減らすと同時に、服用の安全性も上げることが期待されている。先進国でもまた、医療保険による支払い対象となる薬の処方量などを検討する際に役立ちそうだ。

 WHO Model Formularyは、インターネット上、www.who.int/medicines]から入手することができる。詳しくはWHOによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ハゲタカジャーナルに奪われた私の1500ドル シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《3》被害者の告白2 FBシェア数:38
  2. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ、迅速に症状緩和 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:3
  3. 親世代に広がる百日咳の見つけ方 トレンド◎百日咳患者の3割は成人、どう診断する? FBシェア数:34
  4. 自覚の薄い「研究不正」に要注意!! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:26
  5. 教科書に書いてある髄液循環は間違い 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:7
  6. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:30
  7. 吸入ステロイドの長期使用は成長を抑制する? 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:28
  8. 「着る」除細動器は不整脈死を減らせない NEJM誌から FBシェア数:40
  9. 業務効率化しても長続きしない…対処法は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:6
  10. 嗜好用大麻、いよいよ解禁前夜! まいにち薬剤師 FBシェア数:48
医師と医学研究者におすすめの英文校正