2002.09.12

大正製薬、糖尿病などの治療薬「INS-1」の開発を中止

 大正製薬は9月11日、米国のバイオベンチャーであるInsmed社から導入した新規インスリン感受性増強薬、INS-1(開発コード)の開発を中止したと発表した。米国で両社が共同で実施、このほど終了した第2相臨床試験で、期待した成果が得られなかったため。

 INS-1は糖の代謝活性化酵素の機能を調整するイノシトール・グリカン類化合物。インスリンに対する感受性を増強する効果があるため、2型糖尿病や、インスリン分泌量の低下が関与するとされる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療薬候補として期待されていた。大正製薬は2000年7月にInsmed社とINS-1の共同開発契約を結び、日本・アジアでの開発・販売権を保有していた。

 Insmed社の発表によると、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験では、安全性や忍容性は認められたものの、効果に関する1次評価項目で統計学的な有意差が出なかった。また、PCOS患者を対象とした第2租試験でも同様に、安全性や忍容性はあるが効果に関する1次評価項目に有意差がなかった。ただし、排卵率に差はないものの妊娠率はINS-1を服用した群で有意に高く、この点についてはさらに検討を進めるという。

 この件に関する大正製薬のプレス・リリースはこちら(PDF形式)、Insmed社の投資家向けニュースはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎の「退院」って何だろう? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:56
  2. ふるさと納税制度が改悪!? 私たちへの影響は Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:0
  3. 新しい米コレステロール管理GLのアルゴリズム 学会トピック◎米国心臓協会学術集会(AHA2018) FBシェア数:79
  4. GPは外科をどこまで学ぶべきか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:1
  5. 「妊婦税」で大炎上! でも妊婦加算は必要だ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:20
  6. インフルエンザ、全国的に流行期に突入 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:13
  7. ディオバン高裁判決から見る医療界の課題 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:4
  8. こんな組織は“チームスクラップ”候補に! 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:2
  9. なぜ生活保護受給者だけに後発品を原則化するのか Inside Outside FBシェア数:199
  10. 65歳男性。失神 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正