2002.09.12

大正製薬、糖尿病などの治療薬「INS-1」の開発を中止

 大正製薬は9月11日、米国のバイオベンチャーであるInsmed社から導入した新規インスリン感受性増強薬、INS-1(開発コード)の開発を中止したと発表した。米国で両社が共同で実施、このほど終了した第2相臨床試験で、期待した成果が得られなかったため。

 INS-1は糖の代謝活性化酵素の機能を調整するイノシトール・グリカン類化合物。インスリンに対する感受性を増強する効果があるため、2型糖尿病や、インスリン分泌量の低下が関与するとされる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療薬候補として期待されていた。大正製薬は2000年7月にInsmed社とINS-1の共同開発契約を結び、日本・アジアでの開発・販売権を保有していた。

 Insmed社の発表によると、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験では、安全性や忍容性は認められたものの、効果に関する1次評価項目で統計学的な有意差が出なかった。また、PCOS患者を対象とした第2租試験でも同様に、安全性や忍容性はあるが効果に関する1次評価項目に有意差がなかった。ただし、排卵率に差はないものの妊娠率はINS-1を服用した群で有意に高く、この点についてはさらに検討を進めるという。

 この件に関する大正製薬のプレス・リリースはこちら(PDF形式)、Insmed社の投資家向けニュースはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:36
  2. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  3. 入試不正の存在を以前から知っていましたか? 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《4》卒業生アンケート FBシェア数:13
  4. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:47
  5. チール・ニールセンは『ウォーリーをさがせ』 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:36
  6. 医師の4割超が詐欺や悪徳業者に遭遇 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《4》手口の実態(前編) FBシェア数:66
  7. 政府が中村祐輔氏に委ねたAIホスピタル計画とは リポート◎テクノロジーは医師の働き方を変えるか FBシェア数:15
  8. 水分摂取量増加で膀胱炎の再発は減らせる JAMA Intern Med誌から FBシェア数:269
  9. 「再入学の自分が外科を志すのは遅すぎる?」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:17
  10. ドリップ・シップ・リトリーブで脳梗塞を救え リポート◎適応時間内に血栓回収療法を行う2つのストラテジー FBシェア数:72
医師と医学研究者におすすめの英文校正